加藤一二三について

しらべぇがお届けする「加藤一二三」に関する記事ページです。

加藤一二三は福岡県出身の将棋棋士。1940年1月1日生まれ。プロ棋士9段。歴代最高齢対局、最高齢勝利、最多通算対局数などの記録を持つ。

1954年、当時14歳でプロ4段、史上最年少棋士・史上初の中学生棋士となり、「神武以来の天才」と称される。藤井聡太が14歳2か月でデビューするまでは、最年少プロ棋士デビューの記録(14歳7か月)を持っていた。

タイトル獲得数は名人・王位・棋王など通算8期。2016年に、藤井聡太のデビュー戦の相手として対局する。

2017年6月20日「第30期竜王戦」の対局で引退。62年10カ月にわたる現役生活に終止符を打った。

2017年ごろより、バラエティ番組『アウトデラックス』(フジテレビ系)にて独特の愛らしいキャラクターでブレイク、将棋関係者以外にも一躍人気を集める。

同年ワタナベエンターテイメントに所属し、仙台白百合女子大学客員教授に就任。「ひふみん」の愛称で親しまれ、現在は様々なバラエティー番組に出演をしている。

2017年9月、アーティスト名「大天才ひふみん」として『ひふみんアイ』で歌手デビューを果たした。

関連リンク:日本将棋連盟棋士データベース

続きを読む 閉じる