「アプリでの出会い」についてどう思う? 高収入ほど抵抗を感じていない傾向も明らかに

合コン・結婚相談所・お見合いに加えて「マッチングアプリ」も出会いの場の一つ

ライフ

2019/01/14 17:30

アプリでの出会い
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パートナーを見つけたい人にとって、「合コン」「結婚相談所」「お見合い」に加えて、「出会い系アプリ」を利用することも出会いの一つである。

一昔前ならば、出会い系アプリは「危ない」「怖い」など、マイナスなイメージがあったが、現代では「マッチングアプリ」が流行し抵抗を感じていない人も少なくない。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代男女を対象に、アプリでの出会いについての調査を実施した。


 

■半数以上がアプリでの出会いに抵抗が

その結果、52.8%が「抵抗がある」と回答。なお、男性は46.5%、女性59.0%と、女性は6割近くが抵抗を示していることが判明。

アプリでの出会い

「真の顔」や「素性」がわからない人との出会いに一線を引いてしまう人がいる一方で、半数の人はそれを受け入れた上で利用していることになる。


 

■男性よりも女性の方が抵抗があるようだ

さらに、この「抵抗がある派」を男女年代別にみると、その実態が明らかに。 最も高いのが50代女性で65.4%。女性は、20代女性を除く他の年代で6割近くが「マッチングアプリ」に抵抗を感じていることが判明。

アプリでの出会い

一方で、最も低いのが20代男性で34.1%。歳を重ねるごとに割合は増えているものの、女性と比べてアプリでの出会いに肯定的な人が多いようだ。

近頃、女性の強姦や強制わいせつのニュースが後を絶たない。性犯罪に巻き込まれる可能性を想定し、不安から抵抗を覚える人が多いのだろう。

スマホが普及し個人が自身のことを、ネットに公表する機会が増えている。若い世代では、見知らぬ人と交流を図ることに慣れていることもあり、「合コン」「結婚相談所」に加えて、アプリでの「出会い」もその選択肢の一つとして捉えているのだろう。

次ページ
■年収が高い人ほど「マッチングアプリ」に抵抗ない?

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ