千鳥とマネージャーの関係性が泣ける その絆にジャニーズファンも歓喜した理由とは

千鳥が『アメトーーク!』でマネージャーとの関係性をトーク。インターネット上では、「泣ける」と話題になっている。

お笑いコンビ・千鳥が、10日放送のバラエティ番組『アメトーーク!』(日本テレビ系)に出演。マネージャーと深い絆で信頼し合っていることを明かし、インターネット上で話題になっている。


 

■ノブ「岸は第3の千鳥」と絶大の信頼

今回の放送は、「マネージャーと二人三脚芸人」のくくりで集められたメンバーが、それぞれのマネージャーとの関係性についてトーク。千鳥は、自分たちを担当して6年になるという岸まり子マネージャーを紹介した。

千鳥の所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」では、担当マネージャーが短い期間で替わることが多く、大悟は「よしもとでは(担当6年は)長いですよね」と話す。

ノブは「岸は、僕らが東京に出てきたときからずっとですから。完全に第3の千鳥です。宣材写真も3人でいいくらい」と、絶大の信頼を置いていることを明かした。


 

■出産で岸マネージャーが辞職

岸マネージャーは千鳥との印象的な思い出について、「自分の結婚式のためにサプライズVTRを作ってくれた」と話す。大悟とノブが岸マネージャーの地元で両親や友達を集めて、インタビューをしてくれたそうだ。

雨上がり決死隊の二人が「優しい」と褒めると、大悟は「優しいでしょ」と照れ笑い。ノブは「偶然なんですけど、岸が結婚した相手が千鳥の初代マネージャーなんです。ちょっと縁深いんで、『それ(サプライズVTR)はさせてさせて』って言って」と話した。

そんな岸マネージャーは収録当時妊娠6ヶ月。出産と子育てのため、千鳥のマネージャーを辞職するそう。大悟は「(妊娠中で)お酒もいま飲めなくなったから、それだけでも『おい、岸~』って感じ。一緒に飲めなくなったから」と、寂しい表情を浮かべていた。

次ページ
■千鳥と岸マネージャーの関係性に涙

あなたにオススメ