タモリと笑福亭鶴瓶が太宰府天満宮へ 「お賽銭はいつも借金」のタモリが今回借りたのは…

『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル』(NHK)で、タモリと笑福亭鶴瓶が太宰府天満宮を訪問。

賽銭箱
(junxxx/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2日に放送された『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル』(NHK)では、タモリと笑福亭鶴瓶が福岡県太宰府市の太宰府天満宮を訪れた。

正月三が日には200万人の参拝客が訪れるという太宰府天満宮で、2人が「なぜ大宰府はありがたいのか」に迫る一方、タモリのお賽銭事情が視聴者の間で話題を呼んだ。

 

■常習犯のタモリ

番組冒頭では、タモリが「とりあえずお参りしないと」と、早速お賽銭を取り出そうとしている鶴瓶に「貸して」と近寄る。すると林田理沙アナウンサーがすかさず「私ありますよ」と発言するが、タモリが手に取ったのは鶴瓶からもらったお賽銭だった。

スタジオでは、タモリが「お賽銭はいつも借金です」と明かし、かつてのアシスタントだった近江友里恵アナウンサーや桑子真帆アナウンサーにもお賽銭を借りていることが判明。

そんな中、鶴瓶は「俺が貸したんやで、さっきのは」と、タモリにロケでお賽銭を貸してあげたことを指摘。それに対してタモリは「あっ、そうだね」とあまり記憶にないような素振りを見せ、鶴瓶は「もう忘れてるの?」と、思わずタモリに詰め寄った。

 

■今回は鶴瓶への借金が話題

なお、視聴者からは、タモリが再びお賽銭で借金をしたことにツッコむ声や、今回は鶴瓶からお賽銭を借りたことについてのコメントが相次いだ。

 

■初詣でのお賽銭にはいくらお供えする?

しらべぇ編集部では、全国20代〜60代の男女1,371名を対象に「初詣のお賽銭には100円以上お供えするか」どうかの調査を実施。

「100円以上お供えする」と答えた人が18.3%と、意外と少ない人数だったことが判明した。

しかし、5円玉には「ご縁がありますように」、50円玉には「五重の縁がありますように」といった意味などが込められているため、100円以上でなくても十分なお参りができるだろう。

・合わせて読みたい→『ブラタモリ』が彦根で偶然『家族に乾杯』とコラボ? 「鶴瓶が愛されてる」と好感も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日
対象:全国20代~60代男女計1,371名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ