12星座ランキング! 年賀状を出すのがいつもギリギリな星座はどれだ?

毎年、年賀状に泣かされている星座とは…

診断

2018/12/23 08:30

年賀状ギリギリ
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年末の恒例行事といえば年賀状。元旦に届くよう計画的に書き始める人がいる一方で、毎年年末ギリギリにならないと「やる気が出ない」という人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の毎年年賀状を出している男女1,004名を対象に調査を実施。その結果、全体の56.7%が「年賀状を出すのはいつもギリギリだ」と回答した。

年賀状ギリギリ

なお、女性55.7%に対して、男性57.8%とやや男性に、多いようだ。

 

■1位は好奇心旺盛なあの星座

さらに、この結果を12星座別でみるとトップと最下位で20ポイント差のつく結果に。

年賀状ギリギリ

1位は、67.6%で社交的でアクティブなふたご座がランクイン。好奇心旺盛で、様々なことに興味を持つため、家の中でじっとしていることが苦手な星座といわれている。また、知識欲求が高く次々と新しいことに取り組むことから、飽き性に見られてしまうこともあるようだ。

12月は多方面から忘年会のお誘いがくる。社交的な性格が災いし、片っ端から参加している内に気づけば年末となってしまい、ギリギリまで年賀状と格闘するはめになっているのだろう。

 

■年賀状に翻弄されがちな星座たち

僅差で2位と3位にランクインしたのは、かに座といて座。2位にランクインしたのは感受性の強いかに座。また、非常に優しい性格なので、自分よりも人のために行動してしまいがち。年末は何かと立て込み、仕事の依頼や忘年会の誘いなどが多くなる。

周囲に尽くしている内に、年賀状に取り掛かる時間がなくなってしまい、ギリギリになってから必死に書き上げているのかもしれない。

3位にはせっかちないて座がランクイン。好奇心が強く思い立ったらすぐに行動するため、趣味や活動範囲が広い星座といわれている。感覚的に行動し自由奔放なため、楽天家といわれることもしばしば。

また、非常に飽き性な性格なので移り気といわれてしまうことも。年賀状は地味な作業も多いため、つい先延ばししてしまうのだろう。

 

■最下位は整理上手なあの星座

最下位にランクインしたのは、うお座。感受性が豊かで、空気が読める性格なので、どんな環境にも適応し調和を保つことができる。また、気持ちや物の整理が得意なため、非常事態でもパニックを起こさず、冷静に行動できる星座。

年末年始が忙しくなるのは周知の事実である。年末になって自分の首を絞めないように、時間の整理を行いスムーズに年賀状作業を終えているのかもしれない。

師走は何かと忙しく、いつでもどこでもかける年賀状は後回しにしてしまいがちだ。今年も残すところあとわずか。そろそろ年賀状を書き始めないと年末に泣きをみることになるかも。

 

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の毎年年賀状を出している男女1004名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ