「キスさせて」「下着くれ」 女性の政治進出を阻む「支援者によるハラスメント」の実態

塩村あやか前都議や三宅雪子元衆院議員も被害を受けたという「支援者・有権者によるセクハラ」が横行しているという。

社会

2018/12/16 17:30

来年の統一地方選挙において、立憲民主党は「女性候補を4割出す」と発表した。また、国民民主党は3割にするという。各国ジェンダーランキングが最下位から数えたほうが早い日本にとって、女性の政治進出は社会進歩の一歩だろう。


 

■支援者が議員・候補にセクハラ

しかしながら、女性が議員になることを妨げるのは、有権者・支援者による女性議員・女性候補へのハラスメントだ。筆者はこれまで女性議員から聞き取りをしたが、以下のような実例を耳にした。

・支援者がストーカーになった


・SNSで執拗に絡まれた


・地元周りでキスやハグを求められた。


・支援者から体を触られた


・「下着をくれ」と求められた


これらは氷山の一角にすぎない。


 

■「美しすぎる都議」と言われた塩村あやか氏

塩村あやか

塩村あやか前都議会議員は、女性社会進出とハラスメントの問題について、次のように語る。

「女性議員を増やそうというけれど、初めはみんな大変だと思う。でも、『互いに支えながら頑張っていこうね』と励ましながらやっていかなければならないと思う。


私は他候補に比べたら若い女ということもあり、朝、駅前で演説をしているとき、いきなり『グー』で男性に殴られたことがありました。あるいは地元周りをしていると『キスさせてくれないか』『抱きしめてもらえないか』といわれることが、頻繁にあります。


毅然というより、丁寧に『それはできないですよ』と伝えるようにしています。若い女性が議員を志すと、私が受けてきたようなハラスメントや暴力に遭うこともある。


だから、女性議員は増えてほしいけれど、苦労が痛いほど分かるから、女性に『議員になろうね』とはなかなか誘えないのも事実です」

次ページ
■「下着をくれ」とメール

あなたにオススメ