東野幸治、キンコン西野をいじり倒す 「芸人というより新世界の創造主」

『アメトーーク!』にて、「激動の同期芸人」企画が行われた。

キングコング西野亮廣
(画像はキンコン西野公式ツイッターのスクリーンショット)

29日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて、「激動の同期芸人」企画が行われた。キングコングを中心に、彼らと同期デビューの芸人たちが集結。ゲスト席では、ベテラン芸人の東野幸治が見届け人を務めた。

 

■2000年組は「才能の塊」

2000年デビュー組は、芥川賞作家・又吉直樹(ピース)を筆頭に、巨大な才能を持った逸材がそろっていることで知られる。ピースのほか、キングコングやNON STYLE、平成ノブシコブシ、ダイアンなど今をときめくビッグネームがズラリ。

収録に参加できなかったピースと村本大輔(ウーマンラッシュアワー)については、ひな壇横にパネルが設置された。また、番組では触れられていないが山里亮太(南海キャンディーズ)や、よしもと以外ではオードリーやナイツなどもこの世代だ。

東野は彼らを「才能の塊」と絶賛。中でも西野亮廣(キングコング)は「別格」だと言い、今やクリエイター/実業家としてビッグビジネスを動かす西野の活動について、熱い口調で賛辞を並べていく。

 

■ビジネス界で存在感示す西野

著書『えんとつ町のプペル』(幻冬舎/2016年)が絵本としては異例中の異例となる37万部の大ヒットを記録。

さらに、クラウドファンディングで個人歴代最高額となる1億円を集める、晴れ着業者営業停止の被害者を対象に「リベンジ成人式」を実施するなど、数々の実績を残し続けている西野。

近年では秋元康や小山薫堂氏、堀江貴文氏、藤田晋氏(サイバーエージェント社長)、前田裕二氏(SHOWROOM社長)、見城徹氏(幻冬舎社長)といった面々とも交流があり、彼らとは「どういう未来になったら面白いか」について議論を交わしているのだそう。

東野はそんな西野に感心しきりで、「最近は『西野さん』と呼んでいないですもん。『新世界の創造主』です」と、西野の新刊『新世界』(KADOKAWA/2018年)にちなんだ呼称を明かし、最大級のリスペクトを込めながらいじり始めるのだった。

次ページ
■「西野さ……いや、新世界の創造主」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ