けやき坂46・井口眞緒、明石家さんまとの「異色の絡み」にファンからは絶賛の声

『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にけやき坂46の井口眞緒が初登場。個性的なキャラクターで視聴者の注目を集めた。

エンタメ

2018/11/28 10:00

(画像は欅坂46の公式ツイッターのスクリーンショット)

27日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、個性の強い女性芸能人がスタジオに大集合し、熱いトークを繰り広げた。

その中でも今回番組に初めて登場した、けやき坂46の井口眞緒の個性的なキャラクターが視聴者の注目を集めている。


 

■マシンガントークにツッコミが止まらない

番組冒頭、井口が自己紹介をしようと椅子から立ち上がると、司会の明石家さんまは緊張気味の井口を気遣った。

その直後、井口は「けやき坂46の新潟県出身…」と、やや早口で自己紹介を始め、「落ち着いて」とさんまがなだめる事態に。その後も、さんまが話している途中に自己紹介を続けるなど、会話が噛み合わない場面が目立つ。

井口の所属するけやき坂46は、欅坂46ができた後、最初は長濱ねる一人だけだったというグループ。ちなみに、けやき坂46のメンバーが増えてからは、長濱は欅坂46に行ってしまったのだという。

この説明の途中、矢継ぎ早に話し続ける井口にさんまが「うるさいお前!」と言い放ち、「説明がうるさいってある?」と思わずツッコミを入れた。


 

■異色の組み合わせがツボ?

ファンからは、井口とさんまの絡みが「最強」「面白い」と絶賛されている。


■欅坂46は同年代女性にファン多数

しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1,358名に「欅坂46を知っているか」を調査。

欅坂46と同年代くらいの、20代女性の42.9%が最も「欅坂46を知っている」と回答し、60代女性の10.4%が「知らない」と回答した。年齢層が上がるほど、最近のアイドルグループには興味が失せるのだろうか。

対して20代の女性は、流行している曲や有名なメンバーなどから、徐々に欅坂46を知っていくように思える。

・合わせて読みたい→明石家さんまの新・恋人候補 新川優愛の近影に「ストレス?」「誰かと思った…」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ