性欲が最高潮に達した保育士が園庭で… 女児への「おぞましい行為」に絶句

保育士の男が職場の保育園に通う女児への強制わいせつ致傷容疑で逮捕。常軌を逸した犯行に怒りの声

公園 女児
(ziggy_mars/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

安心して過ごせるはずの保育所にて、通っていた園児が性犯罪の被害に遭う悲惨な事件が報じられた。

強制わいせつ致傷容疑で逮捕された保育士の男の常軌を逸した犯行に、激しい怒りの声が相次いでいる。

 

■保育士の男、職場で女児に強制わいせつ

事件が起こったのは、徳島県内の保育所。

『徳島新聞』によると、今月20日の夕方、園庭で複数の園児が遊んでいたところ、保育士の男が1人の女児に対し、園庭の隅で下半身を触るなどのわいせつな行為をし、全治3日の擦り傷などを負わせた疑い。

帰宅した女児が母親に話したことで事件が発覚。母親は同日夜に被害届を提出し、徳島県警が22日、男に任意同行を求めたところ、容疑が固まったとして逮捕したという。

 

■「気持ちを抑えられなかった」

なお、逮捕された男は警察の取り調べに対し「気持ちを抑えられなかった」などと供述し、容疑を認めているという。

また、保育所の関係者は容疑者の男について「勤務態度は真面目で、驚いている」と話しているのだそう。県警は被害女児の特定に繋がる恐れがあるとして、容疑者の氏名などを公表しない対応を取っている。

次ページ
■「擦り傷って…」と絶句

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ