クラッシュ続出… ガチすぎてスゴいことになっている『戦闘車』超絶ガチな見どころ3選

テレビじゃきっと放送できないシーンばかり…Amazon Prime Videoの戦闘車がスゴい

提供:Amazon Prime Video

PR

2018/11/26 17:20

シーズン1配信から話題を呼んだAmazon Prime Videoで観られる番組『戦闘車』。

ついにファンが待ちに待ったシーズン2が配信スタートしたが、今回は前回よりもさらにパワーアップした前代未聞の“ガチ”具合で、多くの視聴者が絶賛しているようだ。

そんなガチすぎる『戦闘車 シーズン2』いったいどこがガチなのか? 見ていない人のために見どころを戦闘車ファンの記者がお伝えする。

 

■ガチポイント①『出演者がガチすぎる』

シーズン1に引き続き、浜田雅功が大将を務める『浜田軍』と、シーズン2で参戦の矢部浩之大将『矢部軍』が自動車でバトルをするのだが、激レアすぎる浜田・矢部の競演以外にも、シーズン2の出演者はさらにガチ具合が半端じゃない。

浜田軍は前回争った大将の千原ジュニアを吸収し、車好きで知られるソフィアの松岡充や格闘家の魔裟斗が軍勢に。さらに鈴木亜久里や脇坂寿一という、日本を代表するプロレーサーも2名浜田軍に入れるなど、出演者がすでにガチすぎる。

それに負けじと矢部軍もラリードライバーとして活躍する国民的アニキ・哀川翔に“顔面凶器”小沢仁志、前回大暴れしたアッキーナに、プロレーサーもドリフトキングの土屋圭一と織戸学が参戦するという、レーシングファンも納得の顔ぶれだ。

 

■ガチポイント②『スゴい勢いでクラッシュ続出』

シーズン2最初の勝負は、6名ずつに分かれ四駆に乗り、巨大なサッカーボールを相手の陣地にあるゴールに入れる『戦闘車 サッカー』。

スタートからすぐに脇坂寿一に突っ込まれた小沢仁志の戦闘車がいきなりクラッシュ、次は哀川翔の戦闘車のラジエーターが潰れ白煙を上げクラッシュ。ノブコブ吉村、篠原信一の車もクラッシュと、クラッシュ連続。

その後は戦闘車を乗り換えた哀川翔と、小沢仁志というVシネマファン感涙の名コンビによる得点や、プロレーサー織戸学の、プロサッカー選手ばりに魅せる連続シュートなど、見逃せないシーンが多すぎて説明できないほど。

「エピソード1だけでコレだけ飛ばして大丈夫なの!?」と逆に心配になってしまうぐらいの面白さで、あっというまに視聴時間が過ぎていくこと間違いなしである。

 

■ガチポイント③『どの勝負も超デンジャラス』

テレビのバラエティだと、面白い企画でもマイルドなものが多いが、戦闘車はどれも「コレはヤバいだろ!」と誰もが思ってしまうほどデンジャラス。

エピソード1の戦闘車 サッカーをはじめ、エピソード2ではジャンプ台から勢いよく戦闘車を飛ばし相手の陣地にそびえ立つ巨大な棒を倒す『戦闘車 棒倒し』、エピソード3では戦闘車をぶつけてカーリングをする『戦闘車 カーリング』と、見なくてもそのヤバさがわかるものばかり。

さすが「超ド級デンジャーテイメント」と謳うだけあるが、これに出演する芸能人たちの勇気にも感動してしまうほど。ちなみに、シーズン1から出演している大将の浜田雅功と千原ジュニアはそのヤバさに圧倒され、わりとおとなしくしている場面が多い(笑)。

 

■ほかにも見逃せないシーンがたくさん

そのほかにも「鈴木亜久里もドン引き…顔面凶器・小沢仁志のバイオレンスドライブ」や「高岡早紀のお上品すぎる運転」、「千原ジュニアの縦列駐車」など、エピソード2以降も見逃せないシーンが盛りだくさん。

あっというまに全エピソード観てしまうこと間違いなしで、記者も最後に待ち構えているラスボス級に恐怖すぎる、激ヤバ罰ゲームまでブッ続けで視聴してしまった。

車好きだけでなく、ガチなバラエティを楽しみたい人なら絶対見るべきの『戦闘車 シーズン2』。Amazonプライム会員なら追加料金なしで視聴できるので、いますぐチェックすることをおススメするぞ!

(文/しらべぇ編集部 提供:Amazon Prime Video)

この記事の画像(7枚)