ユーチューバーになったキンコン梶原にナダル・フジモン激ギレ 「金欲しいだけやろ」

『さんまのお笑い向上委員会』にカジサックことキングコング・梶原雄太が登場。フジモンやコロチキ・ナダルから追及されて…

キングコング・梶原雄太

芸人とユーチューバー、2足の草鞋を履くキングコング・梶原雄太(38)が、17日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場した。

カジサック名義でユーチューバーとして活躍し始めた梶原を周囲の芸人は厳しく追及。そのやりとりに注目が集まっている。

 

■10月にユーチューバーデビュー

YouTubeに動画を投稿、再生数に応じた収益を得るユーチューバー。多くの芸能人も参戦している中で、梶原は「2019年末までに登録者数100万人を達成しなければ芸人引退」を掲げ、2018年10月にユーチューバー・カジサックとしてデビュー。

11月現在ですでに40万人を超える登録者を獲得、累計2000万再生を達成するなど目覚ましい活躍をみせている。

 

■「サック」ってなに?

梶原の突然のユーチューバーデビューに「周囲の芸人が困惑している」と語ったコロコロチキチキペッパーズ・ナダル(33)は「目を覚ましてください」と苦言を呈する。

「まずカジサックってなに?」と名前について疑問をぶつけると、梶原はYouTubeの視聴者層が子供たちだと前置きし「子供たちにはカジサックさんのほうが呼ばれやすい」と持論を展開。

「カジでいい。サックってなに?」と指摘されると、梶原は「カジだとわけわからない、カジさんってなりますよ」とどうにも的を得ない反論をし「サックのほうがわけわからん」と一蹴された。

次ページ
■ユーチューバー転身の背景

あなたにオススメ