「死んじまえ」ディズニーのパワハラ訴訟 夢の国の裏側に「夢もクソもない」

東京ディズニーランドで着ぐるみを被ってショーに出演していた女性2人が、運営会社のオリエンタルランドを提訴。

東京ディズニーランドで着ぐるみを被ってショーなどに出演してきた契約社員の女性2人が、過重労働やパワハラで心身に苦痛を負ったとして、運営会社のオリエンタルランドの安全配慮義務違反を訴え、13日に千葉地方裁判所で意見陳述を行った。

来場客を楽しませる「夢の国」で行われていた数々の出来事に、ネット上では怒りや同情の声が相次いでいる。

 

■過重労働で負担がかかり…

合計約755万円の損害賠償を求めて7月19日、提訴に踏み切っていた今回の問題。

報道によれば、女性(29)は着ぐるみでの過重労働を続けた結果、「胸郭出口症候群」を発症してしまった。キャラクターになりきる努力が課せられ、体にかなりの負担がかかっていたようだ。

捻挫や熱があっても働かなければならず、休む場合は代わりの人を見つけなければならなかったため、労働を続けていたという。

 

■「ババアはいらねえんだよ」

一方、もうひとりの女性(38)は、複数の上司から5年にもわたるパワハラを受け、心療内科への通院を余儀なくされてしまったとのこと。

着ぐるみで来場客と記念撮影をする「グリーティング」を行っていたところ、成人男性の客から故意に右手薬指を反対側に折られて負傷したが、上司は「エンター(エンターテイナー)なんだからそのくらい我慢しなきゃ。君は心が弱い」と取り合ってもらえなかったという。

他にも「30歳以上のババアはいらねえんだよ。辞めちまえ」「病気なのか。それなら死んじまえ」との罵声も。

負傷の恐怖でフラッシュバックし、過呼吸の症状が出たが、上司から「次に倒れたらやめてもらう」と言われたとしている。

次ページ
■「働く人を大切にしてほしい」

あなたにオススメ