「タイ語で注文して」で話題のタイ料理店 謎のコンセプトには合理的な理由があった

10月に名古屋でオープンしたタイ料理店「ガゥガゥガイ」。仕掛け人を現地で直撃。

99鶏

最近、都会では外国人が店員として働く飲食店も増えてきた。しかし、日本にありながら「外国語しか通じないレストラン」は、あまり多くないはずだ。

ところが、「注文はタイ語でしてね」というタイ料理店が名古屋にオープンし、ネットで話題を集めた。そこで、しらべぇ編集部も現地でお店の人に直接話を聞いてみることに。

 

■東山線本郷駅から徒歩5分

99鶏

名古屋駅から地下鉄東山線で藤が丘方面に乗ること20分ほど。本郷駅という東京大学が近くにありそうな駅で降りて、徒歩5分ほどにあるのが「99鶏」と書いてガゥガゥガイ。10月半ばにオープンしたばかりの新店だ。

取材班が中に入っていると、たしかに話題になった表示がドーン!

99鶏

「タイ語でご注文下さい♥」と、かわいらしくハートマークがついている。料理に使うタイ語も載っているので、わかりやすい。

 

■注文は券売機で

99鶏

注文は、メニューから選んで券売機でする。タイ風の鶏めし「カオマンガイ」がイチオシのようだが、こちらはタイ東北部イサーン地方の料理が売りとのことなので、ひき肉のサラダ「ラープ・ヌア・イサーン」を注文。

99鶏

激辛好きな記者は、カウンターで食券を出しながら「コー・ペッ(辛くして)」とタイ語でお願いしてみた。

次ページ
■本格的な辛さと味付け

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ