飲酒運転の市職員が交際相手に身代わり依頼 二人の歪んだ関係に「両方おかしい」の声

福岡県内で飲酒運転をした市職員が交際相手の女に身代わりを頼むという事件が発生。

地域

2018/11/08 05:00

飲酒運転
(dehooks/iStock/Getty Images Plus)

飲酒運転して事故を起こし、交際相手に身代わりを頼んだとして、7日、福岡県警は、北九州市立中央図書館の図書館業務担当課長の男(59)を逮捕したと発表。

男は現在、「酒を飲んだが、運転はしていない」と容疑を否認しているという。


 

■逮捕後も「私が運転」

男は10月14日午後7時半ごろ、福岡市早良区の市道で酒気帯び状態で乗用車を運転。コインパーキングに止める際に軽乗用車と乗用車に3回衝突した後、交際中の派遣社員の女性(49)に身代わりを依頼したという。

女性は自分が運転したと署員に嘘の説明をした疑いが持たれている。女性は犯人隠避の疑いで逮捕されたが、「私が運転していた」と容疑を否認。

この事件は、事故を目撃した住民の110番通報によって発覚。男が事故を起こした直後の様子が、防犯カメラに映っていたとのことだ。


 

■「考え方が卑しい」と非難相次ぐ

飲酒運転をしてさらに車に3回も衝突した挙句、交際相手の女性に身代わりを頼んだ卑劣な男に、ネットからは「どうかしてる」「考え方が卑しい」と非難の声が相次いでいる。

・どう考えても逃げられないような状況で、他人に罪をなすりつけるとか本当にどうかしている


・退職間際で、懲戒免職になったら退職金をもらえないとか、そういうことを考えたのかもしれない


・この男は女性を本当に愛していたのだろうか。市職員だからって、派遣社員の女性に身代わりを頼むとか、考え方が卑しいとしか言いようがない

次ページ
■「受けるほうもおかしい」との声も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ