張本勲氏、自転車世界大会に「あんな競技止めろ」と発言→炎上 番組の演出にも批判

マウンテンバイクで山の頂上から急斜面を駆け下りる「RedBull・ランページ」を見た張本勲氏。そしてお約束の…

スポーツ

2018/11/04 12:00

4日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がマウンテンバイクで崖をかけ下る世界大会「RedBull・ランページ2018」について、「なにが面白いのか。あんな競技止めてもらいたい」と発言。

新興スポーツへの「理解のなさ」に、ネット民から怒りの声が噴出している。

 

■「なにが面白いのか」とバッサリ

番組ではマウンテンバイクに乗ったブレット・リーダー選手が、山の頂上から斜面を飛び降りながらゴールを目指す様子を放送。関口宏はその急な角度とジャンプの高さ、そして難易度の高いコースに驚きの声をあげる。

それを見た張本氏は

「なにをやってんのかね。なにが面白いのかね。好きなのがいるんだね冒険を。いくら賞金が2200万円って言ったってね、一つ間違えば死んじゃうよあれ。骨折どころじゃないよ。あんな競技止めてもらいたいわね」

 

とバッサリ。

 

■関口がフォローも

関口宏が「あれで人気があるんですよ。みんな見に行くんですよ」とフォローすると張本氏は怪訝そうな顔をしながら、

「誰が見に行くのかねあんなものは、そういう人がいるのかね」

 

と発言する。ゲストのラグビー元日本代表大畑大介氏が「凄い面白いなと思いますね、見てるだけですごい手に汗かきましたから」とフォローを入れると、

「見てると汗かくよ、落ちるんじゃないかと思って」

 

とコメント。高所を舞台にしたスポーツはお気に召さないようだった。

次ページ
■ネット民はから怒りの声

あなたにオススメ