「保護観察とれたて」 少年院で長老と呼ばれた現役アイドル・戦慄かなのが凄すぎる

『アウトデラックス』にZOCメンバーの現役アイドル・戦慄かなのが登場し、少年院でのエピソードを語った…

戦慄かなの
(画像は戦慄かなのTwitterのスクリーンショット)

18日放送『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、音楽グループZOCのメンバー・戦慄かなの(20)が出演。現役アイドルながら、2年前に少年院を出院したという「本物」の登場に、視聴者も驚きの声をあげている。

 

■少年院に満期入院

「キレる」が流行語になった1998年生まれの戦慄。学生時代に非行に走り窃盗集団の仲間入り、少年院に入院することになった。

少年院は最短10ヶ月で出られるのだが、「先生の言うことを聞かなかった」生活態度の悪い戦慄は満期の2年間も入っており、周囲からは「長老」と呼ばれていたと笑う。

その2年間で秘書検定・危険物取扱者・高卒認定など数々の資格を取得。当時は反抗的だったが更生し、指導した先生(法務教官)を「第二のお母さん」と呼ぶなど感謝していることを明かした。

 

■将来の夢は…

特技は「人の指を噛めばその人の性格がわかる」というもの。マツコ・デラックス(45)は「修羅場くぐってる」、山里亮太(41)は「くそメンヘラ」とその性格を分析。矢部浩之(46)もそのキャラクターに「売れる」と太鼓判を押した。

収録時はまだ19歳。「明後日20歳になる。20歳になったら保護観察とれるよ」と喜ぶ戦慄は、今後の夢を語る。

「児童虐待や育児放棄の子供を助ける活動をする団体を立ち上げたが今後はNPO化していく。20歳になれば理事にはなれる」と自身の経験を活かし「子供のための活動」に注力していくと熱弁した。

次ページ
■視聴者は賛否

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ