吐くほどマズい! フランスの「冷凍寿司」が日本人殺しの味

コレはマズい! フランス産の冷凍寿司をフィンランドで実食

グルメ

2018/10/14 15:30

イギリスでは美味しい魚食文化を伝えようと日本人の女性が活躍していたりと、ヨーロッパにも徐々に日本の文化が広まってきている。

フィンランドでも日本のメーカーではないがスーパーマーケットに寿司用品が置いてあったりと、日本食は人気だが、気になるものを発見した。

 

■気になる冷凍寿司

それはなんと『冷凍寿司』。日本ではほぼ見かけないものだが、9.55ユーロ(約1240円)とかなりのお値段で売られていたのだ。

どうやらエスカルというフランスのメーカーが作っているもののようだが、果たして美味しいのだろうか? 調理法は、2時間半常温で解凍して食べるようだ。

 

■解凍してみると

表記のとおり解凍してからパッケージを開けてみると、なんだかぺちゃんこな印象はあるものの、なんとか寿司のようなビジュアルにはなっている。

だが、気のせいだろうか米粒がまったく見えず、完全に圧縮された状態になっている感じがヤバさを予感させる。

次ページ
■勇気を出して実食

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ