薬物捜査担当の巡査部長が「覚醒剤所持」で逮捕 「仕事を通じてハマった?」と呆れ

一番所持しちゃいけない立場なのに…

社会

2018/10/11 13:30

薬物
(releon8211/ iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

10日、北海道警は覚醒剤を所持していたとして、札幌中央署薬物銃器対策課の巡査部長の男(46)を、覚醒剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

警察官にあるまじき、また職務内容的にもあるまじき行為に、ネット上では怒りと呆れの声が相次いでいる。

 

■薬物捜査担当のはずが…

「朝日新聞」によると、逮捕容疑は10日午後7時55分頃。札幌市の路上で覚醒剤を持っていた疑いがある。別の事件の操作を進める上で容疑が浮上し、逮捕に至ったという。

そして、驚くべきはこの男が担当してきた仕事の内容。なんと2008年4月から10年半にわたり、道内の複数の署で薬物捜査を担当していたというのだ。男は容疑を認めており、道警は覚醒剤の入手経路や使用の有無を調べているという。

 

■「クズすぎる」「アカンやつ」

この報道に対し、ネット上では驚きと呆れの声が続出。

・薬物担当の警察官が覚せい剤で逮捕とかクズ過ぎる

 

・真面目に仕事してる警察官に失礼

 

・アカンやつやな

 

・映画が現実になった感じ

次ページ
■「仕事を通じてハマった?」

あなたにオススメ