22歳の女が常磐線に侵入・窃盗で逮捕 合い鍵の入手先に「震える」と愕然

常磐線の乗務員室に侵入し、車内の備品を盗難した女が逮捕された。侵入する際に必要だった合い鍵の入手先に愕然

話題

2018/10/11 07:30

鉄道
(alekseystemmer/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

9日、合い鍵を使用してJR常磐線の乗務員室に忍び込み、備品を盗んだ22歳の女に有罪判決が下っていた事がわかった。盗んだときの状況や、合い鍵を入手するまでの手口に驚きの声が挙がっている。

 

■ワイパーで遊び、編成番号札を窃盗

7月8日、午後1120分頃。女はネットオークションで手に入れた合鍵を使い、走行中のJR常磐線の乗務員室に侵入。

ワイパーを動かすなどして楽しんだあと、同室にあった車両管理に必要とされる、編成番号札1枚(2,000円相当)をズボンの腹部に隠すようにして持ち去ったという。

しかし、すべての行動は車両にある防犯カメラにばっちりと録画されていたことから、犯行が発覚。後日逮捕に至った。

 

■「自分のものにしたい」「身勝手」で有罪

検察側は「好きな常磐線の115編成の一部を自分のものにしたい」との犯行理由に「身勝手」と有罪判決を下した。千葉地裁松戸支部は4日、鉄道営業法違反と窃盗の罪として懲役16カ月、執行猶予3年の判決を言い渡したという。

さらに、民事裁判の可能性も指摘されており、JR側から莫大な損害賠償請求が行われることも考えられるそうだ。

次ページ
■危険人物の手に渡っていたとしたら…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ