しらべぇ

12星座別ランキング! 「長生きを望まない」最も心配性な星座とは…

長生きしたい気持ちの一方で、老化のリスクの心配も…

診断

星座 老化

(©︎ぱくたそ)

平均寿命が伸び続けている現代、「健康に長生きしたい」という思いとは裏腹に、老化による介護や病気といったリスクが問題視されることも多い。

そこで、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,363名に対し「長生き」について調査したところ、全体の44.3%が「あまり長生きしたくないと思う」と回答。

星座 老化

長生きが現実的となっているからこその「贅沢な悩み」とも言えるが、それだけ多くの人が老化のリスクを心配しているということがわかる。

 

■1位は堅実なあの星座

全体では、「長生きしたくない派」が若干少ないことが判明した。一方、12星座別で見てみると13.8ポイントの差が出る結果に。

星座 老化
そんな中、唯一の5割越えで1位となったのは、やぎ座。真面目で堅実な傾向があると言われ、しっかりと老後の準備もできていそう。

しかし、責任感があるタイプでもあり、自分の子や孫といった世代に迷惑をかけたくないという思いのほうが強く、この順位なのかも。

 

■老いへの抵抗が強い星座たち

続く、上位の「長生きしたくない派」の星座には、しし座とおひつじ座が登場。2位のしし座は、元気と明るさが特徴的で、人の注目を集めることを好む星座。かなりプライドが高いため、自分が老いていくことへ自体に抵抗感を抱きそうだ。

次いで3位のおひつじ座は、常に新しい刺激を求めるタイプだ。人一倍の行動力をもつ反面、老化によりそれができなくなることへの不安が人より大きいのかもしれない。

 

■老化の心配がない星座たち

一方、ランキング下位の「長生きに抵抗がない派」の星座には、ふたご座とてんびん座が並んだ。

10位のふたご座は、頭の回転が早く先を見越した行動ができるため、老後のための準備をしっかりとしているだろう。加えて、持ち前の社交性から、家族や親戚とのコミュニケーションもとれ、いざという時の不安が少ないのだろう。

続く11位のてんびん座は、12星座屈指の平和主義者と言われている。多くの人と良好な交友関係を築き、日々の生活を充実させているため、「できるだけ長くこの生活を続けたい」と願うのかもしれない。

 

■気になる最下位は…

そして、12位となったのはいて座。平均より6.3ポイント低い38.0%であった。

一般的にいて座は、明るくポジティブな性格を持つとされている。さらに、何事に対しても楽天的に考えることができるため、老化による不安よりも長生きによる楽しみのほうが強いのだろう。

 

長生きとそれに伴うリスクは切っても切り離せない。老後の心配したり、そのために準備をしたりすることは重要であるのはもちろんだが、それと同様に人生に楽しみを見出すことも大切なのかもしれない。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu