『芸能人格付けチェック』全員がアマチュアを絶賛する大惨事 「放送事故」「気の毒…」

出演者たちが満場一致で選んだ歌手の正体は…

芸能人格付けチェック
(画像は『芸能人格付けチェック』番組公式Twitterのスクリーンショット)

9日放送の『芸能人格付けチェック』(TBS系)の「プロとアマチュア」を聞き分ける問題において、回答者全員がアマチュアを大絶賛する事態が発生。

相手が世界で活躍する有名歌手だったこともあり、インターネット上が騒然となっている。

 

■難題すぎた「声楽」の問題

話題となっているのは、声楽部門の問題。回答者たちは世界的ソプラノ歌手とアマチュア歌手の歌声をAB順に聴き比べ、「プロの歌声」だと思うほうの回答室に入るというルールで実施された。

すると、回答者たちはこぞってBの歌声がプロの歌声だと主張。ゴールデンボンバーの鬼龍院翔は「Bのほうが発音に自信があったと思う」と発言。全問正解に期待がかかるX JAPANのToslも「Bですね」と自信を持って答えていた。

 

■まさかの展開に謝罪

他の回答者も全員がBを選択し、「音程の良さと心地よさはBのほうだった」「声帯の開き方が全然違う」などとBの歌声をこぞって絶賛し、皆が正解を確信していた様子。

しかし、正解はAがNYタイムズで「魂を震わせる歌声」と大絶賛されたソプラノ歌手・柴田智子さんの歌声。Bは、名門・桐朋学園大学大学院の特待生の歌声だった。

回答者を含め全回答者が不正解となる「逆パーフェクト」が達成される事態にスタジオは騒然。「間違った人は柴田さんに謝ろうよ」と持ちかけられ、出演者たちがカメラに向かって頭を下げる異例の事態となった。

次ページ
■「放送事故では?」と視聴者騒然

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ