しらべぇ

ひょっこりはん、一発屋会からのお誘いはなし? 「まだ耳を塞いでます」

「高知家 カツオフェス オープニング記者イベント」にひょっこりはんが登場。縁もゆかりもない「高知県」PRに本人もびっくり。

エンタメ

ひょっこりはん

27日、銀座にある高知県のアンテナショップ『まるごと高知』にて、「高知家 カツオフェス オープニング記者イベント」が行なわれ、芸人のひょっこりはんならぬ「ひょっこうちはん」が登場。

1日店長としてカツオのわら焼き体験を務めた。

 

■「ひょっこうちはん」ってなんだ?

ひょっこりはん

ひょっこり高知に出会う→ひょっこうち。ということで…ひょっこりはんのTシャツが『ひょっこうち』になってる!

ひょっこりはん

しかし、まだ高知県に行ったことがないんだとか。「ゆかりもないのに呼んでくれるなんて懐深い」と語る。

一緒にPR動画に出演している高知出身の島崎和歌子からは「私だって高知のPRに出るのに何年もかかったのに」と、若干皮肉を入れた冗談半分で言われたと笑う。

 

■わら焼き体験も…「あったかい」

かなり寒い日にもかかわらず、トレードマークのタンクトップ姿のひょっこりはんはかなり寒かったよう。わら焼き体験を始めると、思わず「あったかい…」と感想を漏らす。

ひょっこりはん

炎越しのひょっこりはん、真剣な表情だ。

ひょっこりはん

さらに、焼いたカツオを記者に自ら振舞ってくれる。

ポン酢ではなく塩で食べるカツオのたたきの味は、ひょっこりはんも「すごく美味しくて、これから塩で食べたいくらい。もっとこの食べ方がメジャーになったらいいのに!」と感動するほど。

 

■一発屋には「まだまだ耳塞いでます」

ひょっこりはん

一気に大ブレークしたひょっこりはんだが「一発屋会」に誘われたかと問われると、「まだ声かかってないです。まだ耳塞いでます!」と苦笑いする。

「HGさんは会うたびに『つらくないか、大丈夫か? いつでも相談しに来いや』って声をかけてくれます。まだこちらに来るなよって意味だと捉えています」と前向き発言。

 

■年末年始を一緒に過ごせば「家族」?

ひょっこりはん

「気がつけば、家族。」がキャッチコピーの高知県だが、それに絡めて「もう高知の家族。年末年始を高知で過ごして、お雑煮を食べて」と話していたひょっこりはん。

ブレイク前から付き合っている彼女の両親とは「一緒に年越しをしたこともある」仲だとか。本物の「家族」が増える日も近い?

・合わせて読みたい→広末涼子「高知県民の『人好きなところ』が女優としても支えに」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(10枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu