秋の味覚だけど「苦手な食べ物ランキング」 1位に輝いたのはフルーツか魚かキノコか…

旬の食材として盛り上がっていても、食べたくないものはある。

「秋の味覚」という言葉は、四季折々の食材の中でもひと際食欲を刺激する。海の恵み、山の恵み、フルーツなど、秋に美味しさを増す食材は幅広い。

とはいえ、「いくらみんなが美味しいといってもコレだけはちょっと…」と思う人もいるだろう。

そこで、しらべぇ編集部は、秋の代表的な食材「柿/栗/鮭/さつまいも/サンマ/新米/ナス/ぶどう/マツタケ/りんご」の中から、苦手な食材について調査を実施。

全国20〜60代の男女1,344名からの回答をランキング形式で発表したい。

 

■第5位:栗

栗
(stevenicols/iStock/Getty Images Plus)

「栗が苦手」と答えた人は、10.0%。粉っぽくてぼそぼそした食感や、鬼皮・薄皮の剥きづらさなども要因のひとつかもしれない。なお、さつまいもを選んだ人も微差で9.7%となっており、「ぼそぼそ苦手派」の存在が伺える。

 

■第4位:ナス

(y-studio/iStock/Getty Images Plus)

アクもあるため苦手な子供も多いナス。今回の調査では、13.6%が「苦手」と回答。「秋の味覚らしさ」「好きな秋の味覚」ランキングでも、それぞれ最下位に沈んだナスだが、こうしたアンチの存在が大きかったのか。

次ページ
■第3位:サンマ

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ