脳死の子の誕生日会に号泣 『グッド・ドクター』最終回で臓器提供決意する人も

「すべての子どもが大人になれますように」その想い溢れる最終回に感動の嵐が…

夏クールのドラマで、大きな話題を集めたメディカル・ヒューマンドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)。

13日夜10時より15分拡大SPで最終回が放送され、山崎賢人演じる主人公・新堂湊の願いである「すべての子どもが大人になれますように」という想いの込められた展開に、感動の声が上がっている。

 

■命を繋ぐ選択

山崎賢人,柄本明
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

ステージ4の胃ガンで倒れた司賀明(柄本明)の病状にショックを受ける湊だが、「心配すべきは子供たちだ」と司賀に諭される。

森下伊代(松風理咲)が急変した知らせが入り、高山誠司(藤木直人)は肝硬変も患った伊代は肝臓と小腸の同時移植以外に助かる方法はないと言い、湊と共に姉・汐里(松井愛莉)へ病状を説明。難しい手術ではあるが、高山が任せてほしいと告げると、汐里は「もちろんです」と即答する。

(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

その頃、川で溺れた少女・吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれ、瀬戸夏美(上野樹里)と間宮啓介(戸次重幸)が処置し、心拍は再開したものの脳にかなりの損傷がある状態に。

上野樹里,近藤公園
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

脳死の可能性が高い中、「1%でも可能性があるなら」と懸命に治療する夏美だったが、検査結果は脳死を示すものだった。

川村絵梨,近藤公園
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

これまでの症例から、1週間程度で心肺停止に至ることを両親の浩一郎(近藤公園)と景子(村川絵梨)に告知し、どういった選択肢があるのか手作りの冊子で説明しようとした夏美だが、臓器移植の項目を見た景子は激昂。担当医を変えるよう要求し、間宮は湊にその後を任せた。

藤木直人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

伊代の同時移植手術について会議が開かれるが、出資することから経営陣に加わった小野寺(羽場裕一)は、東郷記念病院での前例がないことなどを理由に手術を認めないと結論を下す。理事長の東郷美智(中村ゆり)はその決定に疑問を覚え、司賀や湊と話し、伊代からも病院について話を聞き…。

 

■親の葛藤と誕生日会に号泣

山崎賢人
(画像提供:(C)フジテレビ『グッド・ドクター』

担当を引き継いだ湊は、美咲の意識があるかのように接し、その姿は両親の気持ちを和らげる。そして昏睡状態のまま美咲が7歳の誕生日を迎えると、湊は花の絵を手に病室を訪れて誕生日を祝った。

どうして湊がそんなことをするのか、父・浩一郎が問うと「美咲ちゃんはきっと、お父さんとお母さんと悲しい時間を一緒に過ごすよりも、楽しい時間を一緒に過ごしたいです」と語り、「渡したいものがあります」と改めて夏美の資料を渡す。

湊に「美咲の気持ち」を気づかされた両親は、夏美の資料を改めて読み、臓器提供を決断。夏美も招いて美咲の誕生日会を催すと、そこには看護師やレジデントたちも現れ、温かな誕生日会に…。

美咲に語りかける母・景子が、臓器提供することを「美咲、嫌だったらごめんね。痛かったらごめんね」と言う姿には、多くの人が涙すると共に「子供や家族の臓器提供を決断できるか?」を考えさせられる人が続出。

終盤、元気になった伊代から臓器移植ネットワーク経由で送られた手紙を受け取り、それを読む場面では、“ドナーの家族だったら”とイメージした人だけでなく、実際に家族が臓器提供したことがある人からも「こういう手紙は、救いになる」といったコメントが見られた。

次ページ
■ドナーを待つ側の葛藤も

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ