張本勲氏、引退発表の広島カープ・新井貴浩選手に「とくに良い成績はない」と発言→炎上

先日引退を表明した広島・新井貴浩選手。それを見た張本勲氏は…

スポーツ

2018/09/09 12:00

9日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が今シーズン限りでの引退を発表した広島東洋カープ・新井貴浩選手(41)についてコメント。

その内容が物議を醸している。

 

■新井貴浩選手の引退会見を見た張本氏が…

番組は、新井貴浩選手の引退記者会見を取り上げた。「若手が力をすごく力をつけてきていますし、2年後、3年後、また5年後のカープを考えたときに今年が良いんじゃないかと思った」と記者会見で話す様子を放送。それを見た張本氏は、

「よく頑張りましたね、長い間。とくに良い成績はありませんでしたけども…」

 

とコメント。続けて、

「ただ不思議なのはね、なんでシーズン途中で引退を発表するのか。全部終わってからやればいいのに。この人もそうだったんですよ」

 

と、引退発表の時期について苦言を呈し、ゲストの元中日の山崎武司氏に話を振る。自身は7月に引退を表明したという山崎氏は、

「引退をある人に相談したら、その人が講演で喋ってしまった」

 

と説明。なにか事情があったのではないかとの見方を示し、新人時代「下手くそ」と揶揄されながら猛練習で2,000本安打を放つまでになった新井選手に「あっぱれ」。

張本氏も最後には「不器用でね、身体は大きかったんですけどね。努力しましたね」と賛辞を送った。

 

■ネット民が怒り

全体的には新井選手の労をねぎらっていた張本氏だが、「とくに良い成績を残していない」という発言にネット民は激怒。「2,000本ヒットを打っている」「本塁打王や打点王を取っている」など、怒りの声が殺到することになった。

張本氏は3,085安打、504本塁打、319盗塁・首位打者7回と攻・走で高い実績を残している。彼から見れば新井選手の生涯成績は「大したことない」ということなのかもしれない。

 

■好感度の低い張本氏

新井選手を貶すつもりは全くなかったものと思われる張本氏だが、またも「余計な一言」で視聴者の心象を悪くしてしまった。

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1474人を対象に、「張本勲氏をどう思うか」聞いた調査では、8割が「好きではない」と考えていることがわかっている。

日本のプロ野球はもちろん、日本人選手の活躍に喜びを爆発させることもあるだけに、決して悪い人間ではないと思われるのだが、不用意な一言でイメージを悪化させ、好感度が低下している様子。

現役時代「スプレー打法」を引っさげ、全方向に鋭いヒットを放っていた張本氏だが、現在は怒りの火種を撒き散らしている印象。そうではなく、あらゆる方面に配慮したコメントをお願いしたい。

・合わせて読みたい→張本勲氏、岩手県からバーチャル出演 違和感ない映像に「技術が進歩してる」と驚愕

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月29日
対象:全国20代~60代の張本勲を知っている人965名(有効回答数)

あなたにオススメ