中3男子、夏休みの宿題の提出求められ自殺か 担任の女性教師に同情の声も

イジメや家庭内での問題など、他の原因がなかったか、捜査の進展が待たれる。

社会

2018/09/05 16:30

教室
( maroke/iStock/Thinkstock)

鹿児島市内の公立中学校に通う3年生の男子生徒が、3日に自宅で自殺していたことが判明。

その直前に40代の女性担任から職員室で個別の指導を受けていたことから、これらの関連性をめぐって大きな騒ぎとなっている。


 

■夏休みの宿題を出すよう指導

報道によると、男子生徒は2学期の始業式があった3日、通常通りに登校。しかし、夏休みの宿題の一部が未提出だったため、放課後、担任が約10分にわたって宿題を提出するように指導したという。

その後、生徒は帰宅。午後6時頃、帰宅した母親が、自宅2階ですでに息絶えている息子の姿を発見した。

なお指導の際、進路についてのやり取りなどもあり、亡くなった生徒が涙を流す様子を、他の教師たちが目撃していたという。

また現状、遺書などは見つかっておらず、イジメがあったかなどもはっきりしていないようだ。


 

■驚きの声が相次ぐ

この報道に対し、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

・そんなことで死ぬの?


・イジメとか家庭の問題があったと信じたい…ってのもおかしいけどさ…うーん


・すごい時代になったな

次ページ
■担任に同情の声も

あなたにオススメ