「今でも涙が止まらなくなる」 過去にいじめを受けた女性が心の傷を明かす

いじめで受けた心の傷は簡単に消えない。

教室
(Milatas/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

「いじめ」を受けた人が、どれほど大きな傷を心に負うのか。このことは、誰しもが認識しておくべきだろう。女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』で、一人の女性が学生のときにいじめを受け、今も苦しんでいることを明かした。

 

■「出っ歯」と呼ばれ、暴力も

掲示板で小中学生のときのことを振り返るのは、現在20代後半になる投稿者の女性。当時のあだ名は「出っ歯」で、事あるごとに「出っ歯のくせに」と言われていたという。

「出っ歯と言わないで!」と言い返すと、クラスメイトの男子から殴る蹴るといった暴力を働かれ、それを見たほかの生徒たちは冷たく笑っていた。水泳の授業中、蹴られてプールに突き落とされたこともあった。

 

■今も癒えることのない心の傷

今は歯の矯正をして、出っ歯ではなくなり、「美人だね」と言われることもあるという。けれども、いじめを受けていた当時のことを忘れることができないようで、「昨日のことのように思い出され、涙が止まらなくなります」と明かす。

そして、「いじめを受けて、今も深く傷ついている方がいればお話しませんか?」と掲示板に問いかけた。

次ページ
■いじめの傷は「癒えない」との声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ