息を吹き込む音が…『ゼロ』NEWS加藤シゲアキに間宮祥太朗が人工呼吸

『ゼロ』で加藤シゲアキと間宮祥太朗がまさかのキス(人工呼吸)シーン!

『ゼロ 一攫千金ゲーム』

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

日テレドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』で、ずっとゼロ(加藤シゲアキ)と敵対していたセイギ(間宮祥太朗)。しかし第5話では、ふたりが急接近することになりました。

 

■やはり鬼畜なセイギ?

第5話のあらすじは、こんな感じ。

「制限時間内にどこかのチームが正解しないと、すべての部屋の水槽内の人間全員が犠牲になってしまう。

 

拘束されたままのゼロ(加藤シゲアキ)は、自分を見殺しにするつもりのセイギ(間宮祥太朗)から解答する主導権を奪うため、末崎(ケンドーコバヤシ)に自力で問題を解かせようと苦闘する。しかし二人の兄弟はさらに心の奥底にある憎しみをぶつけあっていき…」(公式サイトより抜粋)

 

ゲームが行なわれる部屋の床に、角度の記号が書いてあることに気づいたゼロ。今回のクイズが、部屋を上空から見たときの図形が正解と察知します。

数学が大嫌いな末崎になんとか解答させようと、千円札を折らせ図形の楽しさを教えるゼロ。末崎はゼロを「先生」と呼ぶようになり、親しみを持ち始めます。

一方、セイギは相変わらず自分が有利になることばかり考えていました。ゼロが一旦、正解は図形の「星」と導き出したにもかかわらず、ゼロが水槽で死んでから解答すると言うのです。

クイズの選択肢が載っているタブレットを独り占めしたセイギは、ゼロに一切選択肢を見せませんでした。

 

■意識不明になるゼロ

一度は回答を「星」と考えたゼロと標(佐藤龍我)ですが、正解は別にあると気づきます。そんな中、ゲームに参加している10組がどんどん不正解に。

さらにユウキ(小関裕太)の策略に翻弄された標のチームで、スナオ(杉野遥亮)が「星」と回答を送信してしまい、なんとこちらもアウトになりました。残りはゼロのグループのみ。どのグループも正解できないと、水槽の水は注入され続けます。いよいよゼロの口元まで水が迫ってきました。

自分の命も危ないのに、他の参加者が死ぬことを防ぎたいと必死に訴えるゼロ。ふと心を動かされたセイジは、末崎にタブレットを渡しました。「正解は風車」だと叫んだゼロは、水に沈んでいきます。

結果的に、この選択肢は見事に正解。しかし水槽の排水が遅く、水がなくなった頃にはゼロは意識不明になって倒れてしまいました。

次ページ
■心臓マッサージからの人工呼吸

あなたにオススメ