留置所の窓破りレイプ魔が逃走 「犯罪歴がヤバすぎる」と不安の声相次ぐ

強制性交や窃盗などで逮捕されていた容疑者の男が逃走中。不安の声が相次いでいる。

夜道を歩く男性
(AH86/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

12日午後、大阪府富田林署の留置所で勾留されていた容疑者の男が、面会室の窓を壊して逃走。現在、大阪府警が加重逃走容疑で容疑者の氏名と顔写真を公開し、捜索にあったている。

報道を受けて、インターネット上では容疑者の男の犯罪歴に注目が集まり、不安の声が相次ぐ事態に。

 

■面会室の窓を破って脱走

報道によると、容疑者は12日午後7時半頃から2階の面会室で弁護士と接見していた。午後9時45分頃に署員が部屋を確認したところ、部屋が無人の状態だったため、逃走が判明したという。

容疑者と接見する人とを隔てるアクリル板がサッシから外れかかっており、男は壊してできた隙間から逃走したと見られている。接見は弁護士と2人きりで行われ、容疑者は手錠をしていなかった。

通常、接見が終わると容疑者のいる面会室を解錠し、留置所に戻すことになっていたが、同日は弁護士が接見終了を署側に伝えておらず、いつ退室したのかも不明。

また、面会室は防音仕様で、容疑者が出入りするドアの前で待機していた警官は異変に気づかず。弁護士が入るドア付近は夜間のため署員が不在、という状況だった。

 

■強制性交や窃盗などで逮捕歴も

逃走したのは、住所不定の無職・樋田淳也容疑者(30)。大阪府警が窃盗や強制性交、窃盗の容疑で計4回逮捕し、今年6月15日から同署で勾留されていた。また、別の署で捜査車両などが燃えた放火事件にも関与している疑いが持たれているという。

《公表されている樋田容疑者の特徴》

・身長:163cm

 

・体格:中肉中背

 

・服装:黒のジャージとスウェットパンツ姿

 

・髪型:黒い長髪

 

・その他特徴:左腕に手術の跡があり、左ふくらはぎに動物の入れ墨

 

上記が、現在報道されている樋田容疑者の特徴である。

次ページ
■「怖すぎる…」不安の声が相次ぐ

あなたにオススメ