しらべぇ

「カリスマ山根会長」に忖度一切ナシ! 世論を代弁した加藤浩次に称賛の声

世界では「カリスマ山根」と呼ばれているという、山根明会長。加藤浩次の鋭いツッコミに称賛の声。

エンタメ

3日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、国内アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が生出演を果たした。

緊張が走る生放送の場での、極楽とんぼ・加藤浩次(49)の対応に、視聴者から称賛の声があがっている。

 

■40分遅れで出演し、謝罪

番組では、山根会長に事前に取材を行なった際のVTRも放送。山根会長が一連の騒動に言及する中、「私は世界から『カリスマ山根』と呼ばれている男ですから…」と発言する一幕もあり、インターネット上では関連キーワードが続々とトレンド入りを果した。

しかし、9時から生出演を予定していたものの、定刻になっても山根会長は現れず。およそ40分遅れで中継場所に到着した山根会長は「みなさん、おはようございます。一般社団法人日本ボクシング連盟会長・山根明でございます」とあいさつ。

続けて、「全国の33都道府県のアマチュアボクシングの方に、お詫びを申し上げます。このような事態は非常に、連盟の会長としての騒ぎが起きたことに関して、責任を感じております」と、一連の騒動について謝罪した。

 

■「会長、そこじゃないんですよ」

続いて、加藤が山根会長に質問をする形で中継が進行。

山根会長が「息子に買ってもらった大切なロレックスを売って、成松選手への助成金の一部を返した」と説明すると、加藤は鋭く「会長、そこじゃないんですよ」とツッコミ。

さらに、ロンドン五輪での村田諒太選手(32)への裁定に対し、山根会長は、自分がAIBA(国際ボクシング協会)の理事に「反則ではない」と主張したことで、その後「反則ではない」と覆ったことを訴えた。

これに対しても、加藤は間髪入れず「山根会長がそういう申立をしたらAIBAののルールが変わるってことでよろしいですか?」と、鋭い切り込みを見せた。

 

■視聴者からは称賛の声

緊迫した生放送を見届けた視聴者からは、世論を代弁するかのような鋭い切込みを見せた加藤に、称賛の声が相次いでいる。

「加藤浩次でなければ、山根会長に気を遣って終わっていた」との声が多くの反響を得ている。

 

■暴力団との関係を示唆する発言も

加藤から「最後に何か言いたいことは?」と促されると、山根会長は今回番組への生出演を決めた理由について語り始めた。

「おとといの朝方の7時頃、元暴力団・森田組の組長が私の知人を呼んで、『3日に以内に引退しないと山根の過去をバラすぞ』と脅された。だから僕は立ち上がったんです」

 

と、発言。しかし、ここで中継終了の時間となり、加藤は「本当にお時間がなくて申し訳ありません」と詫び、「会長、言い足りないことまた宜しくお願いします」と言って中継を締めくくった。

加藤の活躍によって、とても有意義な生出演となった3日の放送。しかし、最後の穏やかではない発言の真意が気がかりである。

・合わせて読みたい→山根会長おもてなしリストに、アッコ「あたしはよくある」 ネットは「同類」と批判殺到

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu