しらべぇ

峯田和伸のキスに「気持ち悪い」「さとみ可哀想」 『高嶺の花』展開に賛否

つまり、最近話題のI社長・前田裕二氏と間接キスしたことにもなる…?

エンタメ

石原さとみ

(『高嶺の花』)

25日、石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第3話が放送。究極の格差カップルがまさかのキスシーンを披露し、大きな話題になっている。

 

■『高嶺の花』とは

この作品は、華道の名門『月島流』本家に生まれ、美貌、キャリア、財力、家柄、さらには圧倒的な才能まですべてを持ち合わせた女、月島もも(石原)と、平凡な自転車店主である風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描いたラブストーリー。

脚本は『高校教師』など、これまで数々の名作を世に送り出してきた野島伸司が担当している。

 

■ももを怒らせる

「プーさん」こと直人は失恋の傷が癒えないももに対し、元カレとの思い出話を好きなだけ語ってほしいと提案。母の節子(十朱幸代)が、亡き父との思い出を語ることで立ち直った経験からのアドバイスだった。だが、作戦は失敗し、ももを逆に怒らせてしまうことに。

そんな中、ももは雑誌の取材を受ける。すると取材の場に、突然龍一(千葉雄大)が登場。そして、付き添っていたなな(芳根京子)の静止を振り切り、ももは初対面の龍一と連絡先を交換する。

 

■父の裏切りとキス

その後、ももの元婚約相手である吉池の妊娠中の妻・真由美(西原亜希)が、月島流の人間だったことが発覚。じつは、ももが結婚を機に華道を引退しようとしていたため、父親で家元の市松(小日向文世)が真由美を吉池に差し向け、結婚を妨害したのだった。父親に裏切られたことを知り、激しく動揺するもも。

そんな中、ももは直人と植物園にデートへ行くことに。そこで、直人は亡くなった父のことを思い出し、ももの前で涙を流してしまう。その姿に心打たれたももは、直人に対して「熊のぬいぐるみが何であんなに汚れてるか」を知っているか質問。その後、直人の涙を拭うと、そっとキスをし、抱きしめたのだった。

 

■「セクシーすぎる」と賞賛

第3話最大の見どころとなったふたりのキスシーン。結果として、ネット上では賛否がキレイに分かれることに。

まず、褒めている人たちからは「セクシー」「エロい」など賞賛の声が。

 

■「気持ち悪い」の声も

その一方で、石原のキスの相手を務めた峯田に対し、「気持ち悪い」という声も多数。面白いのは、先週の時点でそのような意見が見られていたことだ。「頭の中で想像しただけで…」ということなのだろうか。

 

■峯田ファン「わかるわかる」

しかしながら、峯田のファンからはなぜか「わかる」と同意する声や、「むしろそこがいい」と長所として押し出す声も。

ミュージシャンにとって、「変態」「気持ち悪い」はむしろ褒め言葉なのだろうか…。

 

■プーさんの中の人が…

また、中立派からは「人生で一度も彼女ができたことがない」という設定のプーさんが、とてもとてもなキスを見せたことに「演技しろ」「本能で動くな」とツッコむ人も。

もっとも、一方では「石原さとみとキスしてああならない人間はいない」「平静を保てというのが無理な話」と、峯田を擁護する声も見られる。

 

なんだか色々とカオスな状況だが、ポジティブに捉えると、それだけ作品がネット上で話題になり、盛り上がっているということ。次週以降も楽しみに待ちたい。

《これまでに配信した『高嶺の花』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→石原さとみの「大胆あらわな美背中」に激賞 「エロすぎ」の声殺到の『高嶺の花』

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu