しらべぇ

この発想はなかった! 体中に『熱さまシート』を貼ったら猛暑でも耐えられるか実験した結果

熱さまシートは神!? 体中に貼ってみた結果

ライフ

全国的に猛暑が続き、水分補給や十分な休憩などの熱中症対策が必要になっている。だが、中には休憩をとる時間もなかなか取れない人も多いようだ。

 

■熱さまシートで暑さを防げるのか

では、時間がない人はどのように熱中症対策をすればいいのだろうか? そこで考えたのが、冷却シートでおなじみ『熱さまシート』を使う方法。

普通はおでこに貼るぐらいだが、体中に熱さまシートを貼っておけば、冷却ジェルの効果で炎天下にいても涼しくいられるのではないだろうか?

 

■アチアチの熊本で働く男性に協力依頼

そんな実験に協力してもらったのが、アチアチの熊本県で休憩しづらいとある仕事をしている五十嵐さん。

猛暑の屋外で熱さまシートをTシャツのように貼り、その涼しさを確かめてもらうことにした。

 

■普通のシャツより涼しいらしい

体中にシートを貼っているのでやや動きづらいかと思いきや、上手に貼れば意外と動きは制限されないとのこと。

また、普通のシャツを着て過ごすよりもはるかに涼しく、見た目がヤバい以外はかなり清涼感を感じることができ、いい感じらしい。

 

■意外に素晴らしいシステム

五十嵐さんいわく、かなりお金がかかること以外はこのシステムは素晴らしいと絶賛。

繰り返し使える超大型の冷却シートを使った衣類を作れば、大ブレイク間違いなし(適当)。

 

■気になる人はチャレンジしてみよう

ちなみに、五十嵐さんが大柄なのでシートが足りず、背中丸出しのびんぼっちゃま状態になっていたが、素肌よりも熱さまシートを貼った部分のほうが涼しかったようだ。

どうしても休憩しづらい人は、熱さまシートを多めに貼っておくと、いつもより涼しくいられるかも。気になる人はぜひチャレンジしてみよう。

・合わせて読みたい→風呂に毎日入らない人のニオイ対策って?「人に会わない」「帽子を被る」

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu