しらべぇ

亀山係長役・大杉漣さんが『ゼロ係』へ情報提供 加藤茶と鶴太郎が歴史的共演も

小泉孝太郎主演の人気シリーズ『警視庁ゼロ係』が3シーズン目に突入!

エンタメ

今夜8時、いよいよ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON』(テレビ東京系 以下、「ゼロ係」)がスタートする。

14日に行なわれた会見でも、出演者からさまざまなことが語られたが、初回から楽しみなポイントがたっぷりだ。

 

■留置場からの殺人予告

まずは今夜放送のあらすじをチェックしてみると…

世間知らずのキャリア警視・小早川冬彦(小泉孝太郎)や口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)など、厄介払いされたメンバーが集められている杉並中央署の「なんでも相談室」は“ゼロはいくつかけてもゼロ”、役立たずは何人いても役に立たないという意味で“ゼロ係”と揶揄されている。

通販好きの新係長、横山建夫(片岡鶴太郎)も加わり、やる気のないムードは相変わらずだ。

ある日、ゼロ係に夏休みの宿題のセミ捕りの相談が寄せられ、冬彦や寅三らは雑木林へ。そこで冬彦らは体育座りで全身をビニールで巻かれた若い女性、戸田五月の遺体を発見する。

杉並中央署が現場検証をしていると、古河祐介(手塚とおる)ら警視庁捜査一課の刑事が現れ、捜査を引き継ぐと言い出す。空気の読めない冬彦は、寅三の制止を振り切って、捜査一課の捜査会議に乗り込む。

会議の中心にいたのは、管理官の金田一修(平岡祐太)。冬彦と同じく東大出身のトップ合格のキャリアで、将来の警視総監とも噂されるエリート。実は今回と同じ手口で殺された被害者が三人おり、連続殺人事件として捜査が始まる…。

そんな中、ゼロ係の元係長・亀山良夫(大杉漣、回想)からの情報で、女性に人気の精神科医、実相寺忠(嶋田久作)が容疑者として浮上し逮捕される。実相寺は黙秘を続け、やり手の弁護士、ジェームズ富沢(マイケル富岡)が弁護に付く。

冬彦と寅三が実相寺の殺害の証拠を掴もうとする中、同じ手口の新たな犠牲者が出る。実相寺は犯人ではないのか…?

 

そして、KY警視殿に「空気が読めない」と言わしめる元監察医・湯川春樹(石坂浩二)が新レギュラーで登場し、“究極のKY対決”ともいえるシーンが繰り広げられるのにも注目だ。

 

■亀山係長から情報提供

あらすじにもあるように、2月に急逝した大杉漣さんが演じていた亀山良夫元係長から、情報がもたらされる――。

会見の中でも小泉が、「撮影の中でみなさんが、漣さんを感じるシーンというのをプロデューサーが作ってくださっているので」と語っていたが、単なる回想シーンに止まらず、事件の謎解きにも関わる活躍を見せる。

しらべぇドラマ班は一足早く第1話をチェックしたのだが、「おぉ! そんな情報を亀山係長が…」と驚くと共に、その情報をもたらす方法から「これはもしかして、この先も…ある??」という展開で期待が高まる人が少なくなさそう。

 

■加藤茶と片岡鶴太郎の歴史的共演

「ゼロ係」行きつけの居酒屋・春吉の店主である国仲春吉を演じている加藤茶といえば、コントグループ「ザ・ドリフターズ」の一員で、かつて土曜夜8時放送で絶大な人気を誇った『8時だョ!全員集合』(TBS系)で活躍。

そして今回から加入した横山係長役の片岡鶴太郎は、その「全員集合」の牙城に切り込んだ『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)に出演していた。

テレビは一家に一台で、リアルタイム視聴が当たり前だった当時、土曜夜8時に『全員集合』を観るのか、『ひょうきん族』を観るのかのチャンネル争いが勃発し、学校やクラス内で当然のように派閥が生まれた。

テレビ史・バラエティ史において「土8戦争」と呼ばれる熾烈な戦いを繰り広げた両番組のキャストが共演する姿は、当時を知る世代にとってまさに「歴史的」な瞬間だろう。

 

■今回は唐辛子!

これまでも冬彦は、屋上でプランター菜園をしてきた。「いちご」「スイカ」と続いてきただけに、“今回は何を栽培するのかな?”と思っていたら、まさかの唐辛子!

冬彦カラーから「赤いもの縛り」の流れで、密かにトマトと予想していたのだが、こう来るとは…。

そんな、こちらの予想を楽しく裏切ってくれる警視殿だけに、このTHIRD SEASONでも周囲の想像を超える活躍を見せてくれそうだ。

・合わせて読みたい→『警視庁ゼロ係』小泉孝太郎「THIRD SEASONも漣さんと」 第1話の「出演」にも期待

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(7枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu