しらべぇ

名前がヤバすぎるジンギスカン店『いきなり俺のジンギスカン』 味はスゴかった

名前がスゴいジンギスカン店『いきなり俺のジンギスカン』

グルメ

面白いネーミングのレストランが話題になることはよくあるが、ココよりもスゴいネーミングのレストランはほかにないかもしれない。

そのレストラン『いきなり俺のジンギスカン』があるのは、茨城県土浦市の、土浦駅から歩いてすぐの場所。

 

■そんな名前で大丈夫か?

「いきなり」も「俺の」も、どこかで聞いたことがあるような…というか、いま人気の超有名チェーン店についている気がするフレーズだが、そんな名前で大丈夫か?

スゴい店名すぎてビビってしまったが、せっかく来たのだからぜひジンギスカンは食べてみたいところ。おそるおそる中に入ってみると…!!

 

■店内はいたって普通

店内はいたって普通のジンギスカン店といった感じで、座敷もあり非常に落ち着く。

店のシステムはまず食べ放題か1200円ワンドリンクつきの『いきなりセット』を、いきなり注文する。今回はいきなりセットを頼んだが、ソフトドリンクを選ぶと200円引きになるのが嬉しい。

 

■定食でもお酒と一緒でも楽しめる

いきなりセットの内容は、ドリンクのほかにたまねぎ、ピーマンにミニトマトやもやしが入った焼き野菜と…

ボリューム満点のロース肉(写真は2人前)。ライスがちょうど並盛り200円なので、ソフトドリンクの場合は差額でジンギスカン定食にしてもいいし、お酒と楽しむのもアリだ。

 

■臭み一切なしのラム肉に感動

さっそくジンギスカンを焼き、味を確かめてみる。

少し酸味の効いたタレも美味しいが、ラム肉に臭みが一切なく、脂の甘みが最高にンマーーーーイ!! コレが1,200円で食べられるなんて、い○なりステーキもビックリのコストパフォーマンスである。

 

■ラムのタン塩やレバーも

また、アラカルトで頼めるラム肉も種類豊富。

ラムの上タン塩は牛タンに比べあっさりとした味わいなのだが、脂のノリはバッチリ。

ラムのレバーはさすがに臭いかな? と思ったが臭みゼロで、レバーの濃厚さを存分に楽しむことができる。

この日一番の大ヒットだったのが、ラムのタタキ。柔らかくジューシーに焼き上げられており、牛よりも旨味が強くクセもなくムチャクチャウマい。

 

■味はおふざけ一切なし

最後にジンギスカンを焼いた脂の旨味をまとった焼き野菜で締めれば、満足感も最高。店名は完全にふざけているが、味はおふざけ一切なしの素晴らしいジンギスカン店だった。

【いきなり俺のジンギスカン】

住所:茨城県土浦市大和町2−23

・合わせて読みたい→ビックダディがラム肉屋を開店 8人目の妻に立候補したいレベルで美味い

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(13枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu