しらべぇ

6年連続でビールの消費量が減少 「税金が高すぎるから…」と諦めの声

税率が下がれば、また消費量も増えるのだろうか?

ライフ

ビールで乾杯

(tomorca/iStock/Thinkstock)

11日、ビール大手5社が1~6月のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量を発表し、前年同期比3.6%減の1億8337万ケース(1ケース=大瓶20本換算)だったことが判明。

上半期としては6年連続で過去最低を更新し、ネット上でさまざまな声があがっている。

 

■1年で6.3%減少

読売オンライン」によると、昨年6月に導入された安売り規制の影響で、発泡酒が8.4%減ともっとも大きな下げ幅に。ビールは6.3%減、第3のビールは1.9%増という結果だった。

この数字は、上半期のピークだった2001年と比べ、3割以上減少しており、ビール離れ、アルコール離れが深刻化している現状が伺える。

 

■離れたのは「税金が高い」から?

この手の話になると、どうしても「若者のビール離れが…」という方向にいきがちだが、ネット上では意外とそのような声は見られず。

一方で「税金が高すぎるから…」という声が多く見られており、若者に限らず、上の世代もなかなか手が出なくなっている現状が伺える。

・ビール自体は高くないです。税金が高いのです

 

・まず税金ばっかりで高くなった。毎日は飲めないし、まずい第3のビール飲むくらいならチューハイやハイボールにいくよ

 

・皆貧乏でアルコール濃度高くて安いコスパがいい酒に流れてる

 

・高いからね。若い人が飲まないのは仕方ないし、おじさんもストロング系に移るようになった

 

・取れる所からとる。煙草も酒も同じ。税金が高くなり、その分、消費は減る。当たり前の話

 

ちなみに、ビールの税率は現在、350ミリリットル缶当たり77円。一缶180~200円程度の商品が多いので、4割以上が税金という計算になる。

 

■4分の1が「ストロング系」愛飲

しらべぇ編集部では先日、全国20~60代の男女1,353名を対象に、いわゆる「ストロング系」のお酒に関する調査を実施。その結果、全体の4分の1が愛飲していることがわかった。

 

この中にも、本当はビール好きだったが、高すぎてストロング系に移った…という人も少なからず含まれているのではないか。

・合わせて読みたい→「第三のビール」の味に満足してる?認めない人の傾向は

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,353名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu