しらべぇ

出川哲朗、インテリ美女を「出川イングリッシュ」で圧倒 納得の声相次ぐ

超一流大学を卒業したインテリ美女軍団を相手に、出川哲朗が「出川イングリッシュの極意」を熱弁

エンタメ

出川哲朗

(©ニュースサイトしらべぇ)

グローバル化が進み、「英会話」の壁に直面している人は、決して少なくないハズ。

10日放送の『さんま御殿』(日本テレビ系)にて、米国・ハーバード大学や、東京大学といった超一流名門大学出身の美女たちと、出川哲朗が「英語」について議論する一幕があり、出川の発言に多くの反響が寄せられている。

 

■出川「英会話」に物申す

「インテリ美女VSおバカ」の回に出演した出川。

出川は、「頭良くても意味ないじゃん、と思ったこと」という議題にて、「英語に関しては、学歴とかある人よりも、絶対僕の英語のほうが…『出川イングリッシュ』のほうが絶対通じるんですよ」と切り出す。

そこで、司会の明石家さんまがハーバード大学院卒のタレント・REINAと、ハーバード大法学部卒、ニューヨーク州で弁護士をしている山口真由氏らに話を振ろうとするも、出川は…

「ハーバードとか言っても、結局英語は、絶対に『実践とハート』だから」

 

と熱弁した。

 

■出川イングリッシュの極意を説く

出川は、「出川イングリッシュ」が生まれるキッカケとなった『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのエピソードを披露。

「『5ドル札に写っているのは誰ですか?』というのを聞いてこいと言われ、教養のある学歴のある女の子は、みんな聞く前に『時間ありますか?』『ちょっといいですか?』って。でも、そうするとほとんど時間ないからって行っちゃうんです。

 

でも僕の場合は、バーっと行って『5ドルマネー、Who name come on!』(中略)すると、『リンカーン』って教えてくれる。」

 

と、実例をあげて力説。「僕みたいにハートでしゃべったほうが、向こうは絶対答えてくれる」と訴えた。すると、REINAも「たしかに…」と、出川イングリッシュの極意に納得したようだった。

 

■「納得」「わかる」と大反響

学校の英語の授業で取り上げられるなど、注目を集めている出川イングリッシュ。一流大学卒のエリート美女たちをも唸らせる熱弁に、視聴者から多くの反響が寄せられている。

中には、海外に滞在したことのあるユーザーからの、実体験を踏まえたコメントも。

 

■半数近くの人が英語に苦手意識

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,348名を対象に「英語に対する意識」について調査を実施したところ、全体で46.5%もの人が「苦手意識を持っている」と回答した。

英語が苦手な人

(©ニュースサイトしらべぇ)

中学・高校時代は英語のテストが苦痛だった…という人は少なくなさそうだ。

大くの人が苦手意識を持っているからこそ、「ハートで訴える」出川イングリッシュは、人々の心をつかんでいるのかもしれない。

・合わせて読みたい→みやぞん「はじめてのおつかい」へ 斜め上をいく奇跡の展開に爆笑の嵐

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu