倉敷市への支援物資に「秋冬の衣服」 受け入れ休止に「押し付けるな」と怒りの声

「平成30年豪雨」で甚大な被害を受けてた岡山県倉敷市が、支援物資の受け入れを一時休止した事情とは…

衣料品の寄付
(Makidotvn/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

「平成30年豪雨」によって、甚大な被害を受けている岡山県倉敷市が、支援物資の受け入れを一時休止することを発表。

被災地がストップサインを出した事情の1つに、インターネット上では怒りの声が相次ぐ事態となっている。

 

■配送が滞ってしまった

10日、倉敷市は配送作業が滞っているとして、支援物資の受け入れを一時的に休止することを発表。

また「NHKニュース」によると、甚大な被害を受けた倉敷市には、全国の企業や市民から食料品や衣料の支援が相次いで寄せられ、それらは真備総合公園の体育館に集められていた。

しかし、物資を置くスペースが足りないことや、仕分け作業にあたる職員の不足により、避難所への配送作業が滞ってしまったことから、10日より支援物資の受け入れを一時休止することを決定したという。

 

■「秋冬の衣料なども多数、スペース足りない」

また、倉敷市は「被災者のニーズに合っていない秋冬の衣服なども多く提供されている」とし、これらが貴重なスペースを圧迫している現状もあるという。

「今後必要とされている物資をしっかり届けるためにも、休止に理解してほしい」と、訴えている。

次ページ
■「不用品回収じゃない!」と怒りの声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ