しらべぇ

イギリス・幽霊村で怪現象に遭遇 今夜の『極タウン』イケメンDのガチロケに驚愕

『世界!極タウンに住んでみる』の2時間スペシャルがかなりスゴイ

エンタメ

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

毎週土曜夜7時57分から放送されている『世界!極タウンに住んでみる』(フジテレビ系)は、世界の極端な街にディレクターが潜入する海外移住体験型バラエティ番組。

毎回、驚きの環境や住人が紹介されるが、今夜は7時から『世界!極タウンに住んでみる2時間SP』が放送される。

 

■東野が「上半期No.1衝撃映像」を断言

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

今回訪れる先のひとつは、映画「アバター」のモデルにもなった中国の世界遺産・武陵源“超断崖絶壁! 崖の上の村”。200メートルを超える崖が3,000本以上もそびえ立つ圧巻の景色のほか、

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

観光地として整備された高速エレベーターにも驚かされる。

実際に“移住人”である木村綾乃ディレクターが滞在する“極タウン”は、東京タワーよりも高い崖の上だ。一歩足を踏み外せば崖下へ転落してしまうという危険と隣り合わせの環境で、夜は絶対に出歩けない。

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

そこで繰り広げられる「命がけの仕事」に、MCの東野幸治らスタジオのメンバーも驚愕。東野は「あの映像は衝撃でした! あれは上半期で一番! あのおっさんの映像、あれはナンバーワンの衝撃の映像です」と大興奮。

さらに木村ディレクターの極タウンの人々との交流や、思いがけないサプライズに、ほのぼのしてしまうのも魅力的だ。

 

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

また、セルビアで川のど真ん中、岩の上にぽつんと建っている一軒家の“極端な家”へ。家の中は、どうなっているのか? どんな人が、何のためにこの家を建て、どうやって暮らしているのか――に迫る。

 

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

そして、イギリスにある“世界一幽霊が出ると噂の呪われた村”へも。数々の幽霊出没スポットがある中で、地元の人が「一番ヤバい」と口をそろえるパブを訪問。

幽霊を見慣れている店で働くスタッフですら、不穏な雰囲気で語る部屋に泊まることになり、部屋に入ると次々と怪現象が…。

 

■セルビアとイギリスの“移住人”青木D

しらべぇ取材班は、今回スペシャルの一部を事前にチェックし、セルビアの“極端な家”とイギリスのプラックリー村を訪れた青木ディレクターに、話を聞くことができた。

オンエアでは撮影機材を身につけているほか、景色や住人をメインに撮影しているため、はっきり顔が映らないことが多いが、なかなかの爽やかイケメンである。

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

これまでの番組や今回の企画でも“極端な家”に住む人に会う前、周囲の噂では「変わり者」「近づかないほうがいい」などと言われ、ものすごくナーバスに接触するが、実際は気さくで優しい人のほうが多い。それでも、オドオドしてしまうものなのだろうか?

「オドオドしちゃいますね。完全にアポなしですし、近隣の人からの情報で“ヤバイ人なんじゃないか”って先入観もあって、会うまでは緊張します。

 

“極端な家”があるって情報だけで向かうので、もしも住人の方からノーと言われてしまったら、そこまで行ったのにどうにもならない。とはいえ『タダでは帰れない』というのもあるので、ちょっとでも見せてもらうとか、交渉しないといけないですから」

 

セルビア“極端な家”の住人は、どうだった?

「男性としてカッコイイ、男が憧れるダンディさがある人。でも、かわいいところもあったし、ちょっと“ちゃっかり”している部分もあるけど許せちゃう…なんか憎めないキャラの人でしたね」

 

■プラックリー村がヤバイ

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

パネラーの恵俊彰もVTRを観てツッコミを入れていたが、村に入ったところからビビりまくっていた青木ディレクター。

「VTRだと短いですが20分くらい誰もいない状態が続いたし、独特な雰囲気の場所が結構あって、自分だけじゃなくロケ隊も『この先は本当にヤバイんじゃないか?』と。

 

実際に幽霊とか全然ダメだし、お化け屋敷とか絶対に行かないので、このロケは本当にしんどかったですね」

 

しかも「世界一幽霊が出ると噂の呪われた村」、さらにその中でも特に出現率の高いスポットというパブにある「シークレットルーム」へ。

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

「怪現象が始まって、次の怪現象までは10分くらい。立て続けに起きたのには、すごいビビりましたね。ただ、女性ADがめちゃくちゃ怯えていたせいもあるんだけど、途中からちょっと麻痺しちゃいました。(笑)」

 

■先輩Dとの信頼関係

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

店のスタッフが「これまで1人で泊まったやつはいない」という部屋に、1人で泊まることになった青木ディレクター。しかし、その流れは自らの決断というより、先輩ディレクターが勝手に「いけます」と返事してしまうのだ。

みんなが怪現象で騒然とする中でも、この先輩ディレクターだけは冷静で、青木ディレクターの「絶対服従」な感じもちょっとおもしろい。

「普段は『行け』って言われたら、二つ返事で『はい!』って感じだから、今回の幽霊村はかなり抵抗したほうです。マジでお化け苦手なんで。(笑)ただ、この先輩を尊敬しているし、絶大な信頼感があります。

 

ほかの人に『やれ』って言われたら“嫌だな”って思うこともあるけど、この先輩ディレクターに言われたら、嫌じゃないんです。4年以上一緒にやっていて、ディレクターに上げてくれたのもこの先輩ですし、本当に尊敬しています」

 

先輩ディレクターとの強い信頼関係は伝わってきたのだが、オンエアでも明かされない裏話には、さすがに驚いた。

「先輩含めてほかのスタッフは近くのホテルに泊まったんで、完全に1人で寝ました」

 

(画像提供:『世界!極タウンに住んでみる』(C)フジテレビ)

マジで!? パブの別のスペースに待機とかじゃなく、あんな場所に完全ぼっちなんて…。

「定点カメラとか機材を全部渡されて、『泊まれるよな? 絶対撮れよ。ネタ潰すなよ』って言われて。大変だったのはみんなを送り出して、それから機材を全部持ってまた部屋に上がってセッティングして…あれ本当にしんどかったですよ」

 

もうそれ、お化けや幽霊より、一番怖いのは先輩ディレクターなのでは?

「そうかもしれません。(笑)まぁでも幽霊撮りに行ったんで、覚悟決めて、とにかくがんばりました。先輩も踏ん切りつくようにしてくれたし。

 

幽霊村では実際にいろんなことが起きますし、セルビアの“極端な家”の住人・ミロシュさんも魅力的な人なので、ぜひ多くの方に観ていただきたいです!」

 

絶景の崖の村へ移住する木村ディレクターや、青木ディレクターが奮闘する今夜の『世界!極タウンに住んでみる2時間SP』は、見どころがたっぷり。さらに新企画もスタートするとのことで、今回のスペシャルも要チェックだ!

 

※7日午後2時現在、大雨被害が深刻化している状況を鑑み、番組内容の一部が変更。セルビアの川の真ん中に建つ一軒家の“極端な家”について、今夜の放送は見送られることとなった。

・合わせて読みたい→千原ジュニアが語る三浦誠己 鬼軍曹「イカ太郎の乱」のヤバさに新井浩文が爆笑

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(11枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu