しらべぇ

長嶋一茂、W杯「ネガティブな戦術」との批判を論破 「ド正論」と称賛の声

ポーランド戦での「時間稼ぎ」について、元プロ野球選手の長嶋一茂が「正論」を述べ話題に

エンタメ

長嶋一茂

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ既報のとおり、2018FIFAワールドカップ・ロシア大会のグループリーグにて、日本代表はポーランド代表に1対0で敗北したものの、セネガルとの「フェアプレーポイント差」で決勝トーナメント進出を決めた。

しかし、後半での「時間稼ぎのためのパス回しプレー」に賛否両論が巻き起こっており、29日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でも議論された。

 

■玉川徹氏「ネガティブな戦術」と批判

試合の後半、日本代表がボールを持ったまま攻め込まず、試合をやり過ごすようなプレーをしたことについて、解説者の松木安太郎氏(60)は、「この試合においては、ルール上正しい」とコメント。

しかし、コメンテーターの玉川徹氏(55)からは、批判的な意見が飛び出す。

「ネガティブな戦術じゃないですか。はきり言って、積極的な戦術ではないですよね。(中略)積極的にプレーしてここまで来てるわけなのに、最後の最後で消極的なことをやるって、いいのかと。これは、将来的なことも含めて疑問」

 

と、戦術への不満と、疑問の声をあげた。

これに対し、松木氏が「『ドーハの悲劇』での経験を踏まえ、プロフェッショナルとして選択した戦術」であることを力説するも、玉川氏は「どこを目指してるの? 優勝ではないの?」と、煮え切らない様子。

 

■玉川氏の発言が炎上

玉川氏の「ネガティブな戦術」という言葉は、サポーターから反感を買う結果となり、ツイッター上では一時炎上状態に。

「結果よりもポーズを求める精神論を振りかざしているだけ」といった指摘や、「日本代表をばかにするな」といった怒りの声が目立つ。

 

■一茂「押し引きの、引いたほうなんですよ」

そんな中、今回の戦術を野球のポピュラーなルールに例えて解説してみせたのが、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(52)。

「戦術に、消極的とか積極的とか、僕はないと思ってる。(今回の戦術は)押し引きの、引いたほうなんですよ。戦術の中での押し引きって十分アリだし、野球で言ったら敬遠策というのがある。

『ネガティブ』と言われるのかもしれないが、敬遠も立派なルール。勝つために何でもしていいというわけではないが、ルール内での戦略。これで決勝へ行けるのだから、僕は良かったと思っています」

 

と、今回の戦術を野球の「敬遠策」に例えて解説。

「戦略上の押し引きであり、消極的とは思わない」とし、勝ちにこだわって決勝トーナメント進出を決めた、西野ジャパンの的確な戦術を評した。

 

■「正論」「分かりやすい」と称賛

一茂のシンプルで分かりやすい解説には、視聴者から多くの反響が寄せられており、「正論」や「良いこと言った」と賞賛する声が相次いでいる。

一茂の意見を「正論」とする声が多く、多くの視聴者が腑に落ちたようだ。南アフリカ大会以降、8年ぶりに決勝トーナメント進出を果たした、サッカー日本代表。ベスト8進出にも期待がかかる。

・合わせて読みたい→関口宏、「チームにイエローカード出せばいい」発言 「日本の敗退を望んでる」と炎上

(文/しらべぇ編集部・もやこ

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu