丸山桂里奈、今でも「渋谷で石に座ってナンパ待ち」実践 誘われれば「時間が許す限りは…」

『有吉ジャポン』に元なでしこジャパン・丸山桂里奈が登場。渋谷でナンパ待ちをしていると告白し有吉弘行も仰天!

丸山桂里奈
(画像は丸山桂里奈公式Twitterのスクリーンショット)

赤裸々に過去の過激な恋愛を明かし、独特な表現でトークを展開する。今やバラエティー番組に欠かせない存在になりつつある、元なでしこジャパン・丸山桂里奈(35)が、22日深夜放送『有吉ジャポン』(TBS系)に登場。

この日も丸山は、「ナンパ」に関する驚きの持論を展開し有吉弘行(44)らを驚かせた。

 

■丸山、ナンパ待ちを告白

トレンディエンジェル・たかしと交友の深い、A.B.C-Z・塚田僚一(31)が「たかしからナンパして来いと言われた」エピソードを明かすと、流れで有吉は丸山にナンパされたことがあるかを尋ねる。

丸山は「よく渋谷に繰り出して石に座っている。一応、出会いは求めている」と現在もナンパ待ちをしていると告白。センター街の前に座れる場所(石)があり、「そこに座っているとすごい声を掛けられる」と明かした。

 

■誘われれば「ついて行く」スタイル

なでしこジャパンのメンバーとして世界を舞台に活躍、現在も多くのバラエティーで露出している丸山が、今も現役で「ナンパ待ち」をしているという驚きの発言に有吉ら出演陣は騒然。

「(ナンパなんて)イチバン危ない。大丈夫ですか?」と忠告されるが、「出会いは外にしかない」と考える丸山は「人間同士なので(大丈夫)」と謎理論を熱弁。食事など誘われれば「時間の許す限りは(受け入れる)」と、いまだ衰えない奔放な恋愛観をのぞかせた。

次ページ
■視聴者騒然

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ