しらべぇ

渡瀬恒彦、氷室京介、GACKT… 噂されてきた「芸能界ケンカ最強」がついに決定?

『EXD44』で吉田豪、久田将義、小沢仁志らが「芸能界ケンカ最強都市伝説」を熱弁。バカリズム、よゐこ・有野晋哉、YOUらも仰天した最強芸能人は?

エンタメ

ケンカ

((C)ぱくたそ)

「芸能界ケンカ最強は誰か」、世の中にさまざまな伝聞・主張が溢れ、決着がつかなかったこの疑問の解決に果敢に挑戦したのが、17日深夜放送の『EXD44』(テレビ朝日系)だ。

元実話ナックルズ編集長・久田将義(51)、プロインタビュアー・吉田豪(47)ら芸能界の裏事情に詳しい有識者と、武勇伝を多く持つ俳優・小沢仁志(55)が協議し、芸能界ケンカ最強の男性を決定した。

 

■現役のキックボクサーを倒したのは?

久田と吉田の独自取材や都市伝説だけでなく、現場に身を置く小沢も参加、噂話だけでなく実体験も考慮しケンカ最強を決定していくと知り、バカリズム(42)、よゐこ・有野晋哉(46)、YOU(53)らは「面白そう」と興奮。

久田はまず、こういった議論の常連、暴走族総長だった俳優・宇梶剛士を推すと、同い年の小沢は「(宇梶とか)不良が集まるたまり場があった。布施博、柳葉敏郎、片桐竜次とか、毎日ケンカしていた」と当時を振り返る。

さらに小沢はバンド・ズロースブラザーズのボーカル、谷村好一が「本当に強い」と主張。「現役のキックボクサーを一発で倒した」エピソードを熱弁した。

 

■渡瀬恒彦、GACKTの名も…

渡瀬恒彦はヤクザと大立ち回り、柳葉は酒乱で天龍源一郎にケンカを売る。木村一八が「若い時一番怖かった」のが佐藤浩市、寺尾聰は「石原軍団で一番強い」、ブッチャーと戦った安岡力也など、武勇伝と共に名前が挙がっていく。

小沢は原田龍二の弟で俳優の本宮泰風を、格闘技に精通し、腕っぷしの強さが半端ではないと絶賛。また、「怖さでいえば若山富三郎」と主張した。

俳優だけでなくミュージシャンの噂も。吉川晃司が「路上の天才」と呼ぶ氷室京介、元プロボクサーでもあるジョー山中、柔道家・吉田秀彦にも「実戦なら負ける気がしない」GACKT、ヤクザを一喝して黙らせた南こうせつなどが名を連ねる。

 

■最強芸能人が決定

名前が挙がった芸能人を4つのジャンルに分類、各ジャンルでベスト5が発表される。

酒癖の悪い「酒暴」では、柳葉、谷村、布施、小沢、X JAPAN・Yoshiki。ケンカ好きの「ガチ」は、渡瀬、ジョー、本宮、GACKT、哀川翔がベスト5に。

「レジェンド」枠は安岡、寺尾、佐藤、ジェリー藤尾、岩城滉一。ファンタジー要素も含めた「etc.」では、若山、石立鉄男、室田日出男、南こうせつ、中野英雄が選出される。

小沢は「縦社会の業界に配慮した」としながらも結果に満足気。しかし、「(名の挙がった人が)観てたら『小沢なに調子乗ってんだ』って怒られそう」と心境を吐露した。

 

■視聴者興奮

「若い時は血の気が多かった」芸能人も多く、まことしやかに武勇伝が語られているが、本当の意味で最強を決定するのは難しい。

番組で挙がった名前以外にも、ケンカ最強を噂される芸能人がまだまだいるが、その一端を解明する放送に視聴者も興味をそそられたようだ。

■約6割が「元不良の肩書が評価されるのに疑問」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,500名を対象に調査したところ、約6割が「元不良という肩書が評価されることに疑問を感じる」と回答している。

元不良という肩書に過半数は魅力を感じていないようだが、特に男性は「ケンカ最強」に憧れる傾向があるのもたしか。真偽はどうであれ、芸能界ケンカ最強議論も楽しめたに違いない。

・合わせて読みたい→「女性には触れたが法には触れていない」 元議員・宮崎謙介、不倫後の驚きの夫婦関係

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年8月15日~2014年8月19日
対象:全国20~60代の男女1,500名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu