ドイツで「日本人が開業したおにぎり屋」に行列 周りで一番の人気店になった理由がスゴい

ドイツでおにぎり屋がブームに! 人気の秘訣を店主に聞いてみた

ドイツの中でも、自国の文化を大事にする住民が多い都市『ミュンヘン』には、伝統的な南ドイツ料理店やビアホールなどが多数存在する。

だが、そんなミュンヘンで最近日本食がブームを呼んでおり、和食レストランにミュンヘンっ子が行列になることも増えてきたようだ。

 

■日本人経営のおにぎり店『Oh! Musubi』

そんなミュンヘンの和食店でもっともアツいのが、ドイツ在住歴30年の男性が経営するおにぎり店『Oh! Musubi』である。

アニメキャラが描かれたキッチンカーはオフィス街をメインに出店し、日本食材店への商品提供やケータリングも行っているそうだ。

 

■オープン前からドイツ人の来客が

オープンは11時半からなのだが、準備をしている最中にもドイツ人の男女が弁当を買いにやってきた。

どうやら店で一番人気の、鶏照り焼きをごはんに載せた『とりてり丼』が目当てのようす。

次ページ
■人気ナンバーワン『とりてり丼』を食べてみると

この記事の画像(12枚)

あなたにオススメ