忖度一切なし! 日本の「ストロングビールと新ジャンル」を本場ドイツ人がガチ評価した結果

ストロングビールをドイツ人が飲んだ結果 気になる評価は…

グルメ

2018/06/14 07:30

いま、日本ではチューハイやビール、日本酒など、お酒のジャンルを問わず、アルコール度数の高い「ストロング」が流行っている。

安価なビールテイストの新ジャンルも各メーカーがストロングを出し、まさにストロングビールとストロングビールテイストの戦国時代に突入したと言っていいだろう。

 

■発売中のストロングビールと新ジャンル

各社が販売しているビールとビールテイストでストロング系と呼ばれているのは、下記の商品。

・アサヒビール『グランマイルド』(ビール)

 

・サントリー『頂(いただき)』(新ジャンル)

 

・キリンビール『キリン のどごし STRONG』(新ジャンル)

 

・サッポロビール『LEVEL9贅沢ストロング』(新ジャンル)

ひと口にストロング系と言ってもどの酒も特徴があるが、実際にどれが一番美味しいのだろうか?

決めたくても、日本だとサッポロビール派もサントリー派もアサヒビール派もキリンビール派もいるので、なかなか「コレだ!」と決めづらいのが正直なところ。

 

■忖度一切なしで味を評価したい

せっかくなら忖度なしで、世界的なビール通にナンバーワンを決めてもらいたい! ということでしらべぇ取材班が訪れたのは、ビールで有名なドイツの中でもビール好きが集う都市・ミュンヘン。

1810年からオクトーバーフェストが開かれ、毎年600万人が集まる「ビールの聖地」のひとつだ。

次ページ
■ビール好きが集う都市『ミュンヘン』

この記事の画像(13枚)

あなたにオススメ