しらべぇ

看護師遺体、男2人はネットで知り合う 「名古屋闇サイト殺人事件」に酷似の声も

静岡県藤枝市の山中で、浜松市の看護師の女性が遺棄された事件。「闇サイト」を通じて知り合った2人の男が監禁容疑で逮捕された。

社会

(©ぱくたそ)

しらべぇ既報のとおり、静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師の女性(29)の遺体が見つかった事件で、警察は名古屋市内の警察署に出頭した40代の男と、東京都の20代の男を監禁容疑で逮捕した。

インターネットで知り合った2人が起こした残酷な犯行に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

 

■「闇サイト」を通じて知り合う

報道によれば、男2人はインターネットを通じて知り合ったといい、被害者の女性とも面識がなかったようだ。

5月に浜松市内のスポーツジムの駐車場で女性が自分の車に乗った直後、2人組の男が押し入るように女性の車に乗り込む様子が防犯カメラに映っていた。

 

■カメラに映った3人目の男

さらに、ジムと同じ建物にあるパチンコ店のカメラには、2人以外にも別の男が映り込んでいたという。警察は、この男も監禁や死体遺棄に関与しているとみて捜査しているとのこと。

2人は監禁容疑については認めているものの、死体遺棄については関与を否定。従属的な立場で事件に関わったとみられ、主導者が別にいるとみられている。

 

■「一番酷い死に方で殺してやりたい」と怒りも

どういう目的で知り合ったのかについてはまだ明かされていない。

ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、2人や主導者とみられるもう1人の男について非難の声が殺到する事態に。

・闇サイトで知り合い共謀して殺人とかほんとふざけてるな それで亡くなった人って何の為に生きてきたんだろ…

 

・被害者の心情を想像するだけで呼吸があがる。どんなに自分の運命を呪っただろう。本当に可哀想に

 

・自分の身内が同じ目にあったとしたら、絶対許せない。一番酷い死に方で殺してやりたいと思う。なんでこんな事出来るのか理解に苦しむ

 

■「名古屋闇サイト殺人事件」に酷似?

年齢も住む場所も違う男がネット上で知り合い、犯行におよぶ経緯は、2007年に愛知県の名古屋市で起こった「闇サイト殺人事件」にも似ている。

闇サイト「闇の職業安定所」で集まった男3人組が、帰宅途中の会社員女性を強盗目的で拉致して愛知県で殺害。その後、岐阜県の山中に遺体を遺棄した。

当時、残酷な犯行や「闇サイト」という言葉から、センセーショナルに報じられていた。

・浜松の事件、名古屋闇サイト殺人事件を思い出す

 

・名古屋の闇サイト事件に、もし全員死刑の判決が出てたら今回のも防げたかも知れない

 

・浜松の誘拐殺人事件、出口で名古屋の闇サイト殺人事件を思い出してしまう。ホントに怖い事件だった。犯人ども、どういうサイトで出会うんだろ。とんでもない話だよ!

 

まだ多くの謎を残したままの今回の事件。犯行のすべてが明るみになることを願いたい。

・合わせて読みたい→看護師遺体、主犯格の男が自殺か 「最悪の結末」に怒りと無念が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu