しらべぇ

成人年齢が20歳→18歳に 飲酒問題より深刻な懸念が浮上し「恐ろしすぎる」

2022年4月から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる改正民法が、13日に参院本会議で可決され、成立した。

社会

乾杯

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が、13日の参院本会議で可決され、成立した。

2022年4月より施行される予定で、「大人の定義が変わる」ことで生じる「様々な変化」について、インターネット上では懸念の声が多くあげられている。

 

■ただし、「飲酒は20歳から」

少子高齢化の進展を踏まえ、若者の自立を促す狙いのある今回の改正民法。施行されれば、成人年齢の変更は1876年以来、146年ぶりとなる。では、成人年齢が18歳に引き下げられることで、社会のルールはどう変わるのだろうか。

「飲酒と喫煙の解禁年齢」については、健康への配慮から、従来どおり「20歳未満禁止」が維持されるという。

また、これまで「女性は16歳、男性は18歳」とされていた「結婚年齢」については、「男女共に18歳」と、女性の結婚年齢が引き上げられるかたちに。

他にも、携帯電話や車の購入などの「契約行為」を、18歳であれば1人で行えるようになる他、18歳で親の同意なくローンが組めるようにもなる。

 

■「ややこしい!」と不満の声も

報道を受け、ツイッター上では「お酒の問題」に言及するツイートが続出している。

「成人年齢は20歳のままでいいじゃん」や「飲酒もいっそ18歳からにしてしまえばいいのに」といったつぶやきが目立つ。

 

■「成人式問題」への深刻な懸念

また、18歳を迎える高校3年生は、多くの人たちが「受験・就活シーズン真っ只中」であることから、「成人式が行われる時期」について、多くの懸念の声があがっている。

親世代からは「大学入学と成人式が同時に…?!」と、金銭面への不安を募らせる声も。

金銭面への懸念や、受験生・就活生を心配する声が目立つ。また、成人式が「同窓会みたいだった」位置づけではなくなってしまう懸念もあり、複雑なコメントを寄せる人も。

 

■成人式については「検討中」

なお、報道によれば、成人式の時期について、18歳は大学受験の時期を重なることから、文部科学省など関係省庁などを中心に、対象とする年齢や時期を含め、「成人式の在り方」について検討することにしているという。

また、「成人式」について法律上の規定はなく、地方自治体などと意見交換をしながら、成人式の望ましい形について検討していくという。

 

■「成人式」に参加した?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名を対象に「成人式に行ったか」どうか調査を実施したところ、「行かなかった」と回答した人は、全体で42.1%という結果に。

成人式

(©ニュースサイトしらべぇ)

性年代別に見てみると、男性よりも女性のほうが出席率が高いことが伺える。女性が「成人式で振り袖を着る」ことは、本人にとっても親にとっても、1つの成長の節目を感じることのできる、尊い行事なのだ。

成人年齢が18歳に引き下げられるまであと4年。成人式がどうなっていくのか、注目される。

・合わせて読みたい→公職選挙法改正で高校生も有権者に!「成人」とはいつからか?【法律コラム】

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代〜50代の男女1365名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu