まさかの同性愛展開? 『花のち晴れ』天馬ガチ勢すぎる近衛の行動にドン引き

ネット上では「いい意味でまさかのホモ展開」「これは…おいしくない」などの声。

近衛は天馬のことが…?

もっとも、その行動が過激すぎた結果、

「なに? なに? 同性愛?」

 

「花晴れは天馬くん推しで天馬くん目当てで観てたけど、天馬くんガチ勢のヤンホモがホモホモしいからやばい。キてる」

 

「天馬と近衛がつっくけばいいじゃん!」

 

「これはちょっと…引いたわ(笑)」

 

「まさかの同性愛者? まさかの急にボーイズラブ? 悪くは無いけど近衛と天馬くんは美味しくない!!」

 

と、近衛のことを同性愛者なのでは? と考える人も続出。

もちろん、異性を好きになるのも同性を好きになるのも、両方好きになるのもそもそも恋愛をしないのも自由ですので、そういう感情を抱いていたとしてもまったく問題ないのですが、視聴者的には驚きが大きかったよう。

 

■近衛の気持ちもわかる晴は神!

近衛が天馬を喜ばせるために、英徳学園で事件を起こしてきたことを晴に伝える音。すると、晴は意外なことを口にします。

「あいつ(近衛)いろいろこじらせてそうだし、馳のことすげえ好きだろ、馳のためになるなら、どんな汚いこともなんでもやっちまうんだろうなって。その気持ちは、わからなくもねえ。俺もこじらせてるから」

 

完璧になれ! と常にプレッシャーを与えてくる父親に怯えてきた晴。すがるものが欲しくなり、変な開運グッズを買ったり道明寺のホログラムを作るなどしてきました。だからこそ、馳にすがって暴走してしまう近衛の気持ちが、晴にはわかったのです。

さらに晴は「馳みたいな真っ直ぐな野郎には(近衛がこじらせて暴走することを)見抜けないだろうけどな」といいました。これを見た視聴者は…

「近衛のことがわかる晴、さすが」

 

「晴の近衛分析、よくできてる!」

 

と反応。

音は自分が金持ちで余裕があった頃は、いつでも正しいことをする天馬が好きでした。しかし実家が落ちぶれて弱者になった音は、なんでも完璧にこなす天馬に引け目を感じてきたのです。

そこに登場した晴は、愛莉や近衛などメンヘラな人間も受け入れられる男の子。音は家庭環境とともに成長して、異性の好みのタイプも変わってきたのかもしれません。

 

■平野くんの睨む目ヂカラがすごい

ちなみに、第9話の後半では晴が音の背中から抱きしめるクライマックスシーンが! 

自分よりだいぶ背が小さい音を抱き、顎を引いたためか二重まぶたが消えてツリ目になりました。後からやってきた天馬を睨みつけた平野くんの目の迫力がすごい。

これを見た平野くんファン(30代・女性・会社員)は…

「平野くんは名古屋の中学卒業式で、紫色の特攻服を着てたらしいです。そんなヤンキー魂が炸裂したのかな(笑)。笑顔より睨む顔のほうがかっこいいジャニーズっていうのもイイ!」

 

来週は天馬と晴がガチ対決。また平野くんの睨む顔が拝めると思うと今から楽しみです。

《これまでに配信した『花のち晴れ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『花のち晴れ』メグリンのウザすぎるストーカーっぷりに視聴者「イラつく」

(文/しらべぇドラマ班・ナンシー関ヶ原 イラスト/みかごろう

あなたにオススメ