しらべぇ

見た目もソフトも! 再販決定『ミニファミコン』は日本と海外で大きな違いが

日本版、海外版、どっちも遊びたくなってしまうのが「ミニファミコン」

ホビー

2016年の11月に発売され、今も人気な『ニンテンドークラッシックミニ』こと、ミニファミコン。生産終了していたが6月28日から再販されるため、「今度こそ買うんだ!」と意気込んでいる人も多いのでは。

実は海外版も発売されており、外観や収録タイトルに違いがあるのだ。

 

■なぜ収録タイトルが違うの?

ゲーム作品には「お国柄」が大きく影響する。例えば、アメリカでは戦争ものやアメフトものが人気だが、日本ではヒットしない傾向があるのだ。

逆に日本ではドラクエのようなRPGが人気だが、アメリカ人は爽快感をゲームに求めるため大ヒットとはなりにくい。ミニファミコンは基本的に人気のあったタイトルを収録しているので、日本版と海外版では収録タイトルに差が出てくる。

 

①日本版にあって海外版にないもの

知名度の高いくにおくんシリーズ『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』『ダウンタウン熱血物語』、そして日本の国技である相撲のゲーム『つっぱり大相撲』は納得だろう。

さらに大きなセールスとなった『ファイナルファンタジーIII』も、じつは日本版のみ。その他、『アトランチスの謎』『イー・アル・カンフー』『ソロモンの鍵』、『マリオオープンゴルフ』を含む8タイトルが、日本版限定収録になっている。

 

②海外版にあって日本版にないもの

反対に、日本版では遊べないタイトルも。

アメリカではメジャーリーグ以上に人気のスポーツであるアメフトのゲーム『テクモボウル』や、日本ではディスクシステムのゲームだった『パルテナの鏡』、アメリカのファミコンマニアが大好きなドラキュラ(Castlevania)の2作目『ドラキュラII 呪いの封印』は海外版限定。

そしてFFシリーズはIIIではなく、なぜか一作目の『ファイナルファンタジー』が入っているのだ。

なぜ日本版に入っていないんだ! と思ってしまうのは、『ドンキーコングJr.』と『パンチアウト!!』だろう。今でも遊びたい人は少なくないはず。

また、ゲームファンの間で「なぜか日本で未発売の名作」としても有名なRPG『StarTropics』の存在も大きい。バーチャルコンソールでもいいから、発売してくれ! と願っている人は少なくないはず。

 

■日本版と海外版の見た目の違い

見た目で最も違うのは、付属コントローラーの大きさだ。日本版は操作しにくいという意見も出るほど小さなサイズだが、海外版は当時のサイズそのまま。これは、アメリカ人の手のサイズを意識したものだという。

もちろんゲーム内を含め、全ての言語は英語。遊びながら英語の勉強もできそうだ。

海外版も日本版と同じく、6月28日から再販される。夏の旅行と称して、海外まで思わず買いに行きたくなってしまう。

 

■ファミコンの理不尽さにぶちギレたことがある?

しらべぇ編集部では全国のファミコン経験者に「ファミコンソフトの理不尽さ」について調査した結果、ファミコン世代である30第男性の27.3%が「ブチ切れたことがある」と回答している。

ゲームの楽しみ方は人それぞれ。理不尽だからこそ面白い! と感じる人も多い。大人になってから遊んでみると、また新しい魅力に気がつくかも。

・合わせて読みたい→「ミニファミコン」発売!不滅の名作ゲームシリーズといえば

(文/しらべぇ編集部・すけさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20代~60代のファミコンをプレーしたことがある人848名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu