女性を男8人で約2時間も集団レイプ 「国内の事件と思えない…」と戦慄走る

20代の女性を自宅アパートに連れ込み、8人がかりで暴行。耳を疑うような事件に、戦慄が走っている

社会

2018/06/11 19:30

怪しい人影
(AlexLinch/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

後を絶たない悪質な性犯罪事件。富山県にて、聞いただけで耳を塞ぎたくなってしまうような、恐ろしい強姦事件が発生し、インターネット上に戦慄が走っている。

 

■女性に声をかけ車で連れ去り…

11日、強制性交などの疑いで、自称会社員の30代の男ら8人の容疑者が逮捕された。

報道によれば、容疑者の男らは、富山市内の路上を友人と一緒に歩いていた20代の女性に声をかけて飲食店に誘った後、「車で送るよ」などと言って、容疑者のうち1人の自宅アパートに女性を連れ込んだという。

 

■男8人がかりで暴行、被害者自ら110番

その後、10日の午前6時から午前8時頃までの間、抵抗する女性の手足を押さえつけ、1人の女性に対して集団で性的な暴行を加えたとされる。

暴行を受けた後、部屋から逃げ出した女性が、自ら110番通報をしたことで、事件が発覚した。

容疑者の男らは皆知人関係で、被害者の女性とは面識がなかったという。容疑者らは警察の調べに対し「被害者を無理やり乱暴した」と容疑を認めている者もいれば、未だ容疑を否認している者もいるという。

次ページ
■「生還できただけでも…」ネット上に戦慄走る

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ