明太子も食べ放題! 東京進出した大阪発のデカ盛り天丼店「えびのや」がコスパ最強すぎる

天丼と明太子丼の2種類を味わえる

グルメ

2018/06/10 09:00

サクサク出来立ての天丼を提供している『天麩羅 えびのや』。関西を中心にチェーン展開しており、東京都内で「えびのや」の天丼が食べられるのは、現時点で高田馬場だけ。

美味しいとの触れ込みで訪れたが、あまりにもコスパ最強だったので紹介したい。

 

■高田馬場駅から徒歩3

高田馬場駅を降りてすぐ近くにある「えびのや」。メインメニューは4種類。海老一本丼(900円・税込み)から海老天が1本増えるごとに100円がプラスされMAXの海老四本丼になると1,200円に。

1,000円前後の価格帯に「安くないじゃないか」と躊躇してしまう人もいるかもしれない。だが価格以上の価値はあるので安心してほしい。

 

■海老天丼四本丼の美しいビジュアル

さっそく、1200円の海老四本丼を注文。

「お待たせしました」との声と一緒に届けられた天丼を確認してみると、真っすぐに伸びた海老天が美しく整列。

海老天は揚げたてだけあって、サクッと軽い食感。海老自体もプリプリで、優しい甘みが口に広がる。甘辛いタレが染みこんだ白飯と一緒にかきこめば、質より量タイプの記者でもうなるうまさだ。

 しかし、それだけではない。海老の後ろにも何やら別の天ぷらが隠れているぞ。そっと海老の壁を取り除いてみると…

 

白身魚、イカ、玉子、カボチャ×2の姿が! それぞれ個性豊かな天ぷらで、お口の中がオーバーフローを起こしそうになるほど圧倒的にうまい。

あっという間にご飯を完食してしまいそうになるのだが、ちょっと我慢してほしい。

 

■明太子食べ放題

カウンターに備え付けてある明太子が食べ放題なのだ。ご飯を少し残しておけば…。

明太子をご飯の上に乗せて、明太子丼の完成。記者の場合は、玉子天もエスケープしていたので、さらなる高みへ。

とろっと半熟卵のまろやかさと明太子のピリッとした辛みがベストマッチ。明太子好きの人なら、メインの天丼よりうまいと思う人もいるかも。

1,200円で、天丼、明太子丼の2種類を食べられると考えたら安いものだろう。破格のコスパをあなたの目でも確認してみてほしい。

 

■評価

おいしさ:★★★★★★

満腹指数:★★★

コスパ:★★★★★★

 明太子食べ放題という太っ腹な「えびのや」。今後の関東の店舗展開に期待が膨らむ。

 

【えびのや 高田馬場店】

場所:東京都新宿区高田馬場1-26-12

定休日:無休

・合わせて読みたい→ヘビーユーザーが語る!『丸亀製麺』で丼物を食べるべき理由

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ