「もうおねがい ゆるして」5歳女児虐待死 悲痛な謝罪文に「極刑」を望む声も

両親から暴行を加えられ、衰弱して死亡した女児。自宅に残された手書きのノートに怒りの声が相次いだ。

(MIXA next/Thinkstock/写真はイメージです)

東京・目黒区のアパートで3月に女児(5)が父親(33)からの暴行で死亡した事件で、女児が自宅に手書きの文章を残していたことがわかった。

5歳の女の子がつづった悲痛なメッセージに、ネット上で怒りと悲しみの声が相次いでいる。

 

■衰弱させて暴行を加えて虐待

警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている無職の父親(33)と母親(25)を、保護責任者遺棄致死の容疑で再逮捕した。

2人は1月下旬頃から女児に十分な食事を与えず、栄養失調状態に陥らせ、暴行を加えて虐待。5歳児の平均体重は約20キロだが、死亡時は約12キロまで衰弱していた。

また、嘔吐するなどしたにもかかわらず、2人は虐待の発覚を恐れたため、病院へ連れて行くことをしなかった。女児は敗血症で死亡したという。

 

■謝罪と自責の念がつづられたノート

『産経新聞』によれば、自宅に残されていた女児の手書きのノートには、自らに虐待を加える両親に対する謝罪がつづられていたとのこと。

「あしたはもっともっと できるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして」

 

さらに、まだ5歳の女の子にもかかわらず、自分の行動を責める内容も。

「きのうまでぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことを なおします」

 

「これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめる もうぜったいぜったい やらないからね ぜったい やくそくします」

次ページ
■「鬼畜で人間に価する価値もない」と辛辣な声も

あなたにオススメ